【緑単ベアフガン】

自然進化コマンドから侵略する《超獣軍隊 ベアフガン》を軸にした【速攻】デッキ
その名の通り緑単で組まれることが多いが、他の文明タッチされる事もある。

超獣軍隊 ベアフガン SR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:ゲリラ・コマンド/侵略者 21000
進化−自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−自然の進化コマンド
Q・ブレイカー
このクリーチャーまたは自分の他の自然のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。

獣軍隊 ベアッサー C 自然文明 (3)
進化クリーチャー:ゲリラ・コマンド/侵略者 5000
進化−自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
侵略−自然のクリーチャー

主要カード

候補カード

1マナ

2マナ

《進化設計図》進化を大量に補充して息切れを防ぐ
《エボリューション・エッグ》↑と異なり1枚だけだが、確実に侵略者サーチできる
《ビースト・チャージ》ベアフガンのQ・ブレイカーから大量手札補充

3マナ

その他の候補

このデッキの使い方

《冒険妖精ポレゴン》《スナイプ・モスキート》《お目覚めメイ様》ら、1マナ自然ウィニーを1ターン目に召喚。2ターン目に《進化設計図》などで手札侵略者を加えつつ、ウィニー攻撃。この時、《獣軍隊 ベアッサー》があれば侵略しよう。

3ターン目に《獣軍隊 ベアッサー》攻撃する時、《超獣軍隊 ベアフガン》侵略
これにより、相手シールドは0枚のはずなので、3コストマナ進化である《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》召喚できればダイレクトアタックも成立という、バサラ顔負けの3ターンキルデッキである。

デッキタイプとしては【速攻】に分類されるが、【速攻】が弱点とする手札枯渇による息切れを手札補充カードで補えるのが最大の特徴。

注意点

侵略の項目を見れば分かる通り、自然クリーチャーから《獣軍隊 ベアッサー》侵略することはできても、侵略したばかりの《ベアッサー》にさらに《超獣軍隊 ベアフガン》を重ねることはできず、《ベアフガン》を出せるのはどれだけ早くても3ターン目以降である。

アニメ「VSR」では《ベアッサー》を普通に進化させて《ベアフガン》に侵略させているが、それを連続侵略は可能と捉えて誤解を招かれるが不可能である。

弱点

フィニッシャーである《超獣軍隊 ベアフガン》の癖のあるスペックからデッキに採用できるカードの種類がかなり限られており、相手デッキタイプがバレやすい。
特に使い道の限られる《お目覚めメイ様》を1ターン目に出した場合、まず相手にはこのデッキと見抜かれたと思っていいだろう。

《獣軍隊 ベアッサー》が全ての動きの起点と言っても過言ではないデッキのため、そちらが攻撃S・トリガーを踏むなどして除去されてしまうと、一気に速度が落ちてしまう。このデッキの流行の影響により《ファンタズム・クラッチ》を搭載する【黒単ドラグナー】も増えている。そのため場合によっては侵略ではなく、コストを払って直接進化させることも考慮に入れよう。

また《制御の翼 オリオティス》を配置されるだけで一切侵略できなくなる点も痛い。相手メタを使ってきそうであれば《式神セメタリアン》などで即座に除去したいところ。特にコスト踏み倒しメタの中でもかつては《異端流し オニカマス》との相性が最悪であったが、DMRP-06期以降《ツクっちょ》を始めとした軽量マッハファイターの普及によって幾分か動きやすくなった。

その他

革命編環境にて、DMR-18が発売してから間も無く結果を残してるデッキタイプである。

このデッキの登場で、《獣軍隊 ベアッサー》の最軽量侵略元となれる《お目覚めメイ様》と、最軽量進化サーチ呪文《エボリューション・エッグ》が突如脚光を浴びる事となった。どちらも一度も再録された事がなく、中途半端なスーパーレア以上にシングルレートが暴騰した。

なお、この項目では単色デッキとして紹介しているが、最後の一押しの《ダイヤモンド・ソード》や、革命編環境ビートダウンがひしめいてるので《古龍遺跡エウル=ブッカ》ではなく、攻撃も可能な《閃光の守護者ホーリー》を防御用S・トリガーとして採用した白緑デッキもある。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:21:59