【連デモ】

《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》の能力でデーモン・コマンドを大量に並べるデッキ。「連続してデーモン・コマンドを召喚するデッキ」の略。

死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル SR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 6000
相手のクリーチャーが破壊されたとき、自分の山札をシャッフルしたあと、上から1枚目を表向きにする。そのカードが進化ではないデーモン・コマンドであれば、バトルゾーンに出す。それ以外の場合、自分の手札に加える。
W・ブレイカー

うまく回れば通常では考えられない程に大量のデーモン・コマンドを展開できるのがこのデッキの最大の魅力。相手のクリーチャー破壊しながら自分のクリーチャーを増やせるため、バトルゾーンコントロール力が非常に高いのが特徴。

《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》《デーモン・ハンド》《魔刻の斬将オルゼキア》等の必須カードは全て文明に集中しているので、極論単色での編成も可能であるが、キーカードは重いカードが多いので、基本的にはサイドカラーにマナブーストやデッキ圧縮、《母なる紋章》自然文明《悪魔聖霊アウゼス》《凍結の魔天ダイイング・メッセージ》等の優秀な光及び多色デーモン・コマンドや、デーモン・コマンドエンジェル・コマンド《コッコ・ルピア》ともいえる《聖黒獣アシュライガー》が使える光文明を採用することが多く、白黒緑で構築されることが殆どである。本項でも主にとか黒緑3色型について触れていく。

共通主要カード

  1. ベル・ヘル・デ・ガウル登場期(汎用型)
  2. アシュライガー主軸型
  3. ハンター搭載型

1.ベル・ヘル・デ・ガウル登場期(汎用型)

《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》が登場した当初から組まれている型。
《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》の能力は、失敗しても手札に加えるため、ドローソースの一種として考えられる。できるだけ早いターンのうちから召喚したいので、他の白黒緑のデッキに比べて、《腐敗無頼トリプルマウス》《無頼聖者スカイソード》を多めに投入し、5ターン目のマナブーストに重点を置きたい。

候補カード

《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》は相手にとっては厄介なので非常に除去されやすい。《解体人形ジェニー》で除去を落としたり、セイバーで補助や、出したらすぐに相手クリーチャーをタップキル等できるような舞台を整えておくとよい。

汎用性を重視し、シノビや相手への妨害カードを多く搭載するため、様々なデッキに一定の回答をすることが可能。反面、肝心のデーモン・コマンドの枚数については、良くてもデッキの3分の1くらいになってしまう。言わばデーモン・コマンドの多い白黒緑【クリーチャーコントロール】である。
また《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》は自身の破壊では自身の能力を誘発させられない上に、相手への依存度も高いため、似たような名前の【連ドラ】や後述のアシュラ型に比べやや爆発力は低いのはしかたないか。


アシュライガー主軸型

DM-38で登場した《聖黒獣アシュライガー》を組み込むことにより従来のものより多くのデーモン・コマンドを投入できるようになったタイプ。従来のタイプ同様ほとんどが白黒緑で組まれるが、自然文明への依存度が減ったため、以前は少数しか見掛けられなかった白青黒のデッキも多く作られるようになった。

聖黒獣アシュライガー UC 光/闇文明 (4)
クリーチャー:シャイン・モンスター/ダーク・モンスター 4500
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
H・ソウル
E・ソウル
自分のエンジェル・コマンドとデーモン・コマンドすべての召喚コストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

自然の2マナマナブーストから《聖黒獣アシュライガー》召喚。そのまま《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》へとつなげる。
ただ、返しのターン《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》除去されるとジリ貧に陥りやすいため、《ハッスル・キャッスル》要塞化し、《凶骨の邪将クエイクス》や、《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》等でハンデスを挟むなどした方がベターだろう。アシュライガーのコスト軽減のおかげで《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》《死神の邪剣デスライオス》といった挙動も取りやすいので相手が展開してからでも十分巻き返しが可能である。

さらに、汎用型に比べデーモン・コマンドを大量に投入することが可能なため、ほとんどの場合で相手クリーチャー破壊デーモン・コマンドを出せる、という状況になりやすく、《ハッスル・キャッスル》との相性は抜群である。
また、《聖黒獣アシュライガー》コスト軽減により高コストデーモン・コマンドを多く積み込めるため、コスト踏み倒しをした時のアドバンテージを多くとることができる。
搭載されるデーモン・コマンドは汎用型と大きく差はないが、できるだけcip能力で除去能力を持ったものにした方がよりガウルの爆発力を生かせるか。

汎用型に比べるとアシュライガーを引けないor除去された場合に大型のデーモン・コマンドが手札にだぶつきやすく、下手をすると何の抵抗もできないまま敗北してしまうという可能性もある。
しかし、最速4ターン目に《魔刻の斬将オルゼキア》やその他の強力デーモン・コマンドがバトルゾーンに登場という冗談の様な展開を狙いやすく、一概に従来の汎用型に劣っているとも言い難い。うまくアシュライガーとガウルをバトルゾーンに維持することができれば圧倒的な除去能力と展開力で相手を圧殺することができるだろう。

もちろん汎用型に《聖黒獣アシュライガー》を少量積んだタイプなども存在し、上記の型分けの明確な区別はこれといってない。爆発力重視か対応力重視か程度の違いである。


ハンター搭載型

ハンター登場時に特殊な除去能力を発揮する《破壊王エメラルド・バベル》を組み合わせたもの。上記のタイプとはまた異なった高い爆発力を秘める。

破壊王エメラルド・バベル VR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 6000+
このクリーチャーまたは自分の他のハンターをバトルゾーンに出した時、相手のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、相手の墓地から進化ではないクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれをバトルゾーンに出す。
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)
W・ブレイカー

このタイプの最大の特徴は相手のクリーチャー破壊し続けることが可能であること。
《破壊王エメラルド・バベル》は相手のクリーチャー破壊後、墓地からクリーチャーを再びバトルゾーンに出すことができるため、そのクリーチャーを改めて破壊することで何度も連鎖的に《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》能力を使用することができる。
《破壊王エメラルド・バベル》能力を生かすために、デッキに採用するデーモン・コマンドハンターを併せ持つものを中心に採用される。

候補カード

《破壊王エメラルド・バベル》《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》、2体の高コストクリーチャーをバトルゾーンに並べなければ真価を発揮できないため、上記の2タイプに比べさらに安定性は落ちる。
ややファン色の強い構築であるものの、一度コンボが決まればノンストップでデッキアウトギリギリまでデーモン・コマンドを呼びだせる可能性は魅力的。


本項では白黒緑についてしか書かれていないが、最初に記述した通り必須パーツは全て文明である。ガウルの能力が手札補充になる(文明に頼らなくて済む)ことや、マナカーブや防御面において5マナ2000サイクルが優秀であること、《ハッスル・キャッスル》との相性が良いことや《聖黒獣アシュライガー》の存在が大きいこと、等々、白黒緑はあくまでデッキ全体のシナジー、噛み合わせが良いというだけであるのを勘違いしてはいけない。

文明を採用した場合は《シンカイドーベル》《電脳封魔マクスヴァル》などによるコスト軽減が使え、緑青黒には《甲魔戦攻ギリメギス》も居る。
文明を採用した場合は《炎獄の剛魔ビルギアス》O・ドライブが使え、/自然文明には《焦土と開拓の天変》でランデスとブーストを綺麗に決めて《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》へ繋げたることができたりと、構築の幅は広い。【ドルゲーザ】デッキのように、キーカード以外はプレイヤーの夢を詰め込んでいける自由度の高いデッキであることをここに記しておきたい。

参考


Last-modified: 2018-12-02 (日) 19:24:00