【連鳥】

「連続で大量の鳥(ファイアー・バード)をバトルゾーンに出すデッキ」の略。
戦術自体は《カイザーウイング・ドラゴン》の頃からあったが、《爆竜 NEX》が登場したことによって本格的に組めるようになったデッキである。

ファイアー・バードは全体的にパワーが低く【連ドラ】と比べると爆発力はないが、全体的に軽い為序盤から攻め込むことができるのが強みである。《爆竜 NEX》ファイアー・バードスピードアタッカー化する能力も持つのでごり押して勝てるということも。

《キャプテン・ドラッケン》の登場以降は決定力が大幅に向上し、大量展開からの1ショットキルも狙えるようになった。

キャプテン・ドラッケン SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 13000
進化―自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を表向きにする。その中から進化ではないファイアー・バードをすべてバトルゾーンに出し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
革命2―自分のシールドが2つ以下なら、自分の他の火のクリーチャーのパワーは+6000され、シールドをさらにひとつブレイクする。

爆竜 NEX(ネックス) VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド 6000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見せる。それがファイアー・バードであれば、バトルゾーンに出す。それ以外であれば、山札の一番下に置く。
自分のファイアー・バードはすべて「スピードアタッカー」を得る。

《爆竜 NEX》軸

主要カード

《爆竜 NEX》鳥を踏み倒し ATだけでなくcipでも能力を使える
《マッハ・ルピア》NEXにスピードアタッカーを付与し2回能力を使う
《ショーブ・アイニー》NEXで出せばSA付与によって即座にTT能力が使える
《コッコ・ルピア》鳥の代名詞。NEXに綺麗に繋がる

その他候補

《翔竜提督ザークピッチ》マッドネス手札補充。2打点持ち
《ボルシャック・NEX》山札を見て好きなルピアを場に出す
《ゴーゴー・ジゴッチ》山札の上5枚からドラゴンサーチ
《カモン・ピッピー》コスト6以下の火のサイキックを出す 殿堂入り
《ピッチュ・アイニー》NEXを起き上がらせて再び能力を使う
《ポップ・ルビン》
《スピア・ルピア》アンタップキラーでありpig持ち
《シルド・ポルカ》鳥であり序盤の防御カード
《デッカ・ポルカ》マナ武装によって鳥では貴重な2打点と化す
《トリガ・ポルカ》数少ない鳥のS・トリガー革命2でバトル
《レクタ・アイニー》NEX等のドラゴンがいればG・ゼロ。手数が増えるので物量戦法において有利。
《トッパ・ルピア》自壊でNEXがバトルに勝つ&NEXアンタップ。NEXで相手クリーチャーを攻撃してもう一度攻撃することにより能力が2回使える。NEX自身でのビートにもブロッカーを無視できるので有能。
《火ノ鳥カゲキリ》メテオバーンによりアンタップされるため2回攻撃出来る。
《火之鳥ピルドル》軽さがとにかくウリ。ファイアー・バードの低パワーであるという欠点も補えている。実質3マナのパワー5000のSAと考えればなかなかのスペックである。
《時空の翼マスター・ルピア》場の「ルピア」に応じてドラゴンのコスト軽減。マッドネス能力から出てきた《翔竜提督ザークピッチ》《爆竜 NEX》があれば適当なドラゴンを出して覚醒可能。ヒーロー性を求めるなら。
《超竜Bクリムゾン》デッキ進化ファイアー・バードに擬似シールド焼却を付加する。デッキ構成でほぼ100%出せて《コッコ・ルピア》などでコスト軽減できる。
《キッキ・ヤコッピ》《異端流し オニカマス》メタ

ファイアー・バードドラゴンサポート種族である為、《爆竜 NEX》も出しやすくなっている。
まずは《コッコ・ルピア》《マッハ・ルピア》を出して《爆竜 NEX》のコストを下げて召喚する。
《マッハ・ルピア》スピードアタッカーを付与するおかげで、cipとアタックトリガーで合計2回能力を使えるので極力こちらから出したい。
《トリガラ・ダシッチ》から《火之鳥ペリュトン》に繋いでpigで大型を踏み倒しすることも出来る。

あとは強いファイアー・バード出ることを祈り殴り続けるだけである。
狙い目は《ショーブ・アイニー》。《爆竜 NEX》のスピードアタッカー付与能力のおかげでタップ能力を即座に使うことができる。
《マッハ・ルピア》がいるのであれば《時空の剣士 GENJI・XX》を出してやれば《GENJI・XX》もスピードアタッカーとなり覚醒条件を即達成することができる。覚醒した《剣豪の覚醒者クリムゾン GENJI・XX》は場持ちがよく、離れる時にファイアー・バードがめくれれば場に留まるのでこのデッキとよく噛みあっている。

他の狙い目としては《ピッチュ・アイニー》《ポップ・ルビン》。《ピッチュ》はフレイム・コマンド、《ポップ》はドラゴンを起き上がらせるクリーチャーだが《爆竜 NEX》はどちらの種族も持っているので能力を最大限に活かせる。
《爆竜 NEX》をアタックトリガーを再び使用しさらにファイアー・バードを呼び出すといったことも可能になるのだ。
どちらを優先していれるかだが、《ピッチュ》はパワーが2000なので場持ちが良い方で、単体でスピードアタッカーを持つので腐りにくいがやや重い。《ポップ》はパワー1000なので除去に滅法弱いが、コスト2と軽くこのデッキ内では2ターン目に行えることがないので素出ししやすい。


《キャプテン・ドラッケン》軸

主要カード

候補カード

《ブルース・ガー》最軽量ファイアー・バード《ラブ・ドラッチ》の呼び水
《一撃奪取 トップギア》コスト軽減。非ファイアー・バード
《クック・ポロン》クリーチャー攻撃されない
《G・アイニー》タップ能力でファイアー・バードまたはドラゴンを踏み倒す
《ビシット・アメッチ》ドラゴンに対応したウルトラ・セイバー
《革命の鉄拳》革命0トリガー呪文
《フレフレ・ピッピー》コマンドドラゴンのコストを1ずつ軽減。《コッコ・ルピア》と違いコスト1まで下げられる
《燃えるボルッチ》cipシールド回収
《ラブ・バトラッチ》cip強制バトル
《アサル・ドラッチ》
《カラット・アゲッチ》S・トリガーcipで2000火力
《ハート・メラッチ》S・トリガー。コスト3以下のクリーチャーを破壊
《燃えるメラッチ》進化クリーチャーをコスト軽減。バトル中限定の破壊耐性
《ボルシャック・ルピア》《ボルシャック・ドギラゴン》サーチ
《ミスター・アメッチ隊長》スピードアタッカーアタックトリガードラゴンを補充。マナ武装5のpig手札からドラゴンを出す
《革命龍 アサルト》火進化。《キャプテン・ドラッケン》をサーチ
《デュアルショック・ドラゴン》S・バック持ちのW・ブレイカー革命を補助
《ストライク・アメッチ》W・ブレイカー。cipでシールドを2枚回収
《イーグル・バトッチ》S・トリガー。強制バトルと手札補充
《燃える革命 ドギラゴン》革命軍進化獣。サブフィニッシャー
《爆ぜる革命 ドラッケンA》

安定して《キャプテン・ドラッケン》の能力で3体以上引き当てるために、最低でもデッキの24枚、出来れば30枚前後はファイアー・バードで固めたいところ。

とにかく《キャプテン・ドラッケン》召喚しなければ始まらないが、元々ファイアー・バードドラゴンは相性の良いため召喚は容易。
特に《ラブ・ドラッチ》などのコスト軽減《ゴーゴー・ジゴッチ》によるサーチを駆使すれば4ターン目に進化させることも可能。

主なパターンは以下の通り。

  1. 《ブルース・ガー》《ラブ・ドラッチ》→《ラブ・ドラッチ》(3ターンパターン)
  2. 《ラブ・ドラッチ》→《ラブ・ドラッチ》or《フレフレ・ピッピー》or《コッコ・ルピア》
  3. 《一撃奪取 トップギア》《燃えるメラッチ》or《フレフレ・ピッピー》or《コッコ・ルピア》
  4. 《ラブ・ドラッチ》→《ラブ・ドラッチ》→《ゴーゴー・ジゴッチ》サーチ
    ちなみに《ヘブンズ・フォース》を利用して最速3ターン目での召喚を狙うルートも存在するが、文明が入るため安定性に欠ける。

また、S・トリガーで登場した《イーグル・バトッチ》《ショーブ・アイニー》《カモン・ピッピー》で呼んだコスト6以上のサイキック・クリーチャードラゴンマナ武装5を達成した《ミスター・アメッチ隊長》などを《G・アイニー》タップ能力破壊するといった手段も考えられる。中でも《ミスター・アメッチ隊長》は自前でスピードアタッカーを持っているため《ドラッケン》が手札にあれば自爆特攻で手軽に出せる。
その他、《ドギラゴン・エントリー》ならシールド回収で革命2の条件に近づけつつコスト踏み倒しが可能。

《キャプテン・ドラッケン》の能力で真っ先に呼び出したいファイアー・バードは他のクリーチャースピードアタッカー化する《ボルコフ・紫苑》。次点で手札補充能力を持ちW・ブレイカー《翔竜提督ザークピッチ》《勝利のリュウセイ・カイザー》などのサイキック・クリーチャーを呼び出す《カモン・ピッピー》
また展開されたファイアー・バードや余ったマナ次第では2体目の《ドラッケン》や《超竜Bクリムゾン》召喚も視野に入る。

  • 公式対戦動画のデュエマチャンネルカップにてアニメVSRF代表として出場したホカベン役の菅原雅芳氏がこのデッキを使用。コロコロチャンネル代表のナガオ仮面戦とデュエマTV!!代表の開発主任K戦の2試合で使用し、いずれも勝利を収めている。なおその時使用されたデッキは公式サイトにて公開されており、レシピは以下の通り。

ファイアー・バードは古参種族であり種類がとても豊富である上、革命編でプッシュされている種族の一つであるためこれからも強力になっていく可能性も高い。サポート種族であったファイアー・バードをメインにして実用性のあるデッキを組めるという点で古参プレイヤーには人気が出るかもしれない。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 16:24:32