【4色アクアン】

強力ドローソース《アクアン》を核におく【白青コントロール】系デッキの一種。
【アクアンホワイトブラック】の亜種。

【白青黒】という従来のアクアンデッキに、自然もしくはタッチ、混色し、グッドスタッフ的構成をさらに推し進めたデッキ。
緑を足すのか赤を足すのか、混色するのかタッチ的に入れるのかによって、目指す方向性は大きく変わる。

アクアンホワイトブラック同様、多くは種族を統一して強力な進化クリーチャーを使うため、種族デッキ的な概念も持ち合わせる。

アクアン R 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、自分の山札を上から5枚、表向きにしてもよい。その中の光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外のカードを自分の墓地に置く。

火を入れる場合、基本的には何か特定の1枚を使いたい場合であることが多く、その際はタッチに近くなる。
火と他の文明の多色カードを、潤滑油的に使って構成するのがベター。

自然を入れる場合、マナブーストを含めた一連のデッキの動きを使いたい場合が多い。その場合は【白青コントロール】【白緑コントロール】と言えるような複雑なデッキ構成になる。
マナブーストドローで得たアドバンテージを闇のアドバンテージ呪文と光のクリーチャーに転換する…と言うのは簡単だが、実際はカードスペースが非常にきつく、構築は一筋縄ではいかない。

自然と他の文明の多色カードを使ってマナ基盤にするのはもちろん、《母なる大地》なども上手に使いたい。

スケルトン・バイス R 闇文明 (4)
呪文
相手の手札を2枚見ないで選び、捨てさせる。

基本的な性格は、

メタゲームに対応するために混色を加えたプレイヤー個人個人の特化アクアンホワイトブラック」

であり、定型は存在しない。

通常、4色は通常の【クリーチャーコントロール】デッキが扱える限界の色数であるため、プレイングの難易度はおのずと高くなる。また、3色でこそ真価を発揮できる《アクアン》のドロー力を弱めてしまうという弱点もあり、三色のアクアンホワイトブラックとどちらが上とは一概に言えないだろう。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:02:01