【GF隊】

《GF隊少尉 飛剣のエース》《GF隊中佐 爆音のジャック》バトルに勝たせ、《GF隊総大将 無敵ング》コスト踏み倒しするコンボデッキ

GF(ギャラクシー・ファルコン)隊少尉 飛剣のエース C 火文明 (4)
クリーチャー:ドラゴノイド/ハンター 2000+
自分のクリーチャーがバトルに勝った時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)

GF(ギャラクシー・ファルコン)隊中佐 爆音のジャック UC 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ワイバーン/ハンター 7000+
自分の《GF隊少尉 飛剣のエース》がバトルに勝った時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)
W・ブレイカー

GF(ギャラクシー・ファルコン)隊総大将 無敵ング VR 火文明 (12)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/ハンター 14000+
自分の《GF隊中佐 爆音のジャック》がバトルに勝った時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンに自分の《GF隊中佐 爆音のジャック》があれば、相手のシールドを3つまで選び、持ち主の墓地に置く。
ハンティング(バトル中、このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分のハンター1体につき+1000される)
T・ブレイカー

自分のクリーチャーバトルに勝てば《GF隊少尉 飛剣のエース》、そちらが勝てば《GF隊中佐 爆音のジャック》、さらにそちらが勝てば《GF隊総大将 無敵ング》と、連鎖的にコスト踏み倒ししていける。

一見条件が厳しそうだが、《狩人秘伝ハンター・ファイア》《超次元グリーンレッド・ホール》など、バトルをサポートするカードは多く条件は満たしやすい。

コンセプトの3枚は全て手札に握っていなければならないので手札補充が肝要である。

キーカードマナブースト自然、そこに手札補充を加えた青赤緑で組まれることが多い。王道の【青赤緑ビートダウン】の基盤をそのまま活用できるため、カード資産が集まればデッキは組みやすい。

12マナと非常に重い《無敵ング》はともかく、《エース》と《ジャック》は4枚積み確定だろう。

主要カード

その他のカード

バトルのサポート

このデッキの使い方

《フェアリー・ライフ》《霞み妖精ジャスミン》からスタート。《爆走鬼娘モエル・ゴー》《ドンドン吸い込むナウ》《ストリーミング・チューター》などで《GF隊》を手札に集める。

適当なハンターが殴る時に《狩人秘伝ハンター・ファイア》アタック・チャンスで唱えれば速やかに《エース》と《ジャック》を踏み倒していける。よく使われる《勝利のガイアール・カイザー》ハンターなので気軽に組み合わせられる。

《超次元グリーンレッド・ホール》《激相撲!ツッパリキシ》を出すとパンプアップしながら味方1体をアンタップキラーにできるので、こちらも相性がいい。

《GF隊》はいずれも複数枚手札に握っていれば一度のバトル勝利でまとめて出せるので、展開力はなかなかのものである。

《エース》《ジャック》が出てくると、相手は《無敵ング》まで踏み倒されることを警戒して不用意な攻撃ブロックをためらうようになるので、バトルゾーンコントロール力はなかなか高め。

マナブーストを積極的に行う構成ならば、《偽りの名 ゾルゲ》も相性がいい。バトルゾーンに《エース》で勝てるクリーチャーが1体いれば、《エース》勝利→《ジャック》を出して《エース》とバトル→《ジャック》勝利で《無敵ング》を出す、と連鎖的にコスト踏み倒しが可能。《偽りの名 ゾルゲ》バトルに勝たせることでも《エース》が出てくるため、手札バトルゾーンの状況次第では一気にケリがつく。

このデッキの弱点

コスト踏み倒しを多用する都合上、《早撃人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》などのメタカードに弱い。気になるならば《超次元ムシャ・ホール》などで対策しておくといいだろう。

メインカードは全て手札から踏み倒しするため、ハンデスにも弱い。特に全ハンデス《ロスト・ソウル》は致命傷になりうる。

その他

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 23:59:28