【GRジョーカーズ】

【緑ジョーカーズ】をGRクリーチャーに寄せたアーキタイプ。DMSD-08期に成立。緑零にタッチして組まれる。

ガチャダマン R 自然文明[ジョーカーズ] (4)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)
自分のGRクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。

ウォッシャ幾三 C 自然文明[ジョーカーズ] (3)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 6000
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーに変更してもよい。)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚する。(GR召喚:自分の超GRの上から1枚目を、コストを支払ったものとして召喚する)

主要GR召喚手段

《ガチャダマン》先鋒を切るGR召喚持ちであり、小型への対処の要
《プラモデ〜ル》ジョラゴン・ビッグ1を誘発できるGR召喚持ち
《ウォッシャ幾三》プレイヤー攻撃不能だが《ジョジョジョ・マキシマム》G・ゼロ元、ブレイク数増加要因になる

主要Jチェンジ要員

クリーチャーJチェンジ用途
《タイク・タイソンズ》4場を離れた時に1マナ加速
《シューズッキュン》4マッハファイター。ミクセルやオニカマスと相打ちする役目も考慮するなら
《グレープ・ダール》6マッハファイターcipマナ交換。
《ソーナンデス》8マッハファイターで敵を殴りつつ、手札を捨ててマナ回収。

自然

無色

《おしゃかなクン》除去の種類を問わずバトルゾーンを離れれば超GRに強制送還となるGRクリーチャーを守ってやれる
《アイアン・マンハッタン》結構な勢いでマナが伸びるので、最悪7コスト支払って出してしまおう

超GRゾーン

このデッキの回し方

このデッキはフィニッシャーを《ジョット・ガン・ジョラゴン》にするか《ガンバトラーG7》にするかで回し方が異なっていく。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》軸の場合は、序盤から中盤にかけて《ガチャダマン》マッハファイター化したGRクリーチャーを活かしたクリーチャー同士の潰し合いになる。相手のシステムクリーチャーを処理したら《ジョット・ガン・ジョラゴン》を走らせて思う存分《キング・ザ・スロットン7》で盤面を潤し、そのまま詰めよう。

《ガンバトラーG7》軸の場合はとにかくバトルゾーンのクリーチャーとマナゾーンのカードを貯め、《ヘルコプ太》で手札補充。十分貯まったら《ガンバトラーG7》逆フュリー・チャージを活かした1ショットキルを行い、《ジョジョジョ・マキシマム》による呪文封じで安全に勝ちに行くだけ。

短所

基本的な動きが《ガチャダマン》に依存しているため、《ガチャダマン》を引けない場合、または《ガチャダマン》によるマッハファイター化で処理できないサイズクリーチャーに出くわした時が脆い。パワー1000程度の非力なGRクリーチャーが捲れてもバトルに利用しづらいので、時にはバニラのようなものだと割り切ってそのまま動かさずにおくプレイングも重要。

参考