【Mロマノフビート】

《邪神M・ロマノフ》を主軸にしたビートダウンデッキ
基本的に黒赤緑で組まれることが多く、タッチして《光牙忍ハヤブサマル》が入ることもある。また稀に入りの場合もある。

邪神M(マッド)・ロマノフ P 火文明 (5)
進化クリーチャー:ゴッド/ダークロード/ナイト 3000+
Mデッキ進化−自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からクリーチャーを1体選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。表向きにした残りのカードを自分の墓地に置く。表向きにしたカードの中にクリーチャーが1枚もない場合、このクリーチャーを手札に戻し、表向きにしたカードをすべて墓地に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、火か闇のコスト6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分のマナゾーンから唱える。
G・リンク《邪神R・ロマノフ》または《邪神C・ロマノフ》の左横。

主要カード

《邪神M・ロマノフ》コンセプトカード
《青銅の鎧》マナ加速
《ダンディ・ナスオ》マナ基盤・Mロマノフで撃つ呪文調整

候補カード

各種超次元呪文Mロマノフで撃てるを中心に
《邪神C・ロマノフ》Mロマノフのリンク対象だが必須ではない
《封魔ゴーゴンシャック》超次元メタ
《天真妖精オチャッピィ》【速攻】メタ
《クリティカル・EVOチャージャー》ブロッカー破壊メテオバーンの次弾装填、Mロマノフによるマナ枯渇の回避
《憎悪と怒りの獄門》逆転用カード
《破壊と誕生の神殿》リクルート除去が同時にできる強力呪文
《焦土と開拓の天変》ランデスミラーマッチ対策
《魔弾 ベター・トゥモロー》攻撃力を一気に上げることができる
《隻眼の粉砕脚ポン吉》cipを使い回し、Mロマノフの再利用に

2ターン目に《ダンディ・ナスオ》で埋めた呪文を《邪神M・ロマノフ》で使うなどしてビートダウンしながら場を制圧していく。
【マッドロマノフワンショット】とはややコンセプトが異なり、一撃必殺より連続攻撃に重点を置いた構成になっている。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 00:24:09