【VVギガタックジョリー】

《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》によるエクストラウィンを狙うコンボデッキ。
《ギガタック・ハイパー・トラップ》で相手クリーチャーを一掃しつつ《禁断機関 VV-8》封印を外してエクストラターンを獲得、追加ターンで《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》召喚してエクストラウィンする。
《ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ》が登場した2018年4月期に成立・流行した。
各コンセプトカードの自然の3色を中心に構成され、の防御カードが採用される事も多い。

禁断機関 VV-8 水文明 (6)
禁断クリーチャー:(種族なし) 12345
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見て、その中から2枚を自分の手札に加える。このクリーチャーに封印を3つ付ける。
禁断機動:このクリーチャーの封印がすべてなくなった時、このターンの後に自分のターンを追加する。

ハイパー・ギガタック 自然文明 (6)
クリーチャー:グランセクト 9000
W・ブレイカー
このクリーチャーを自分のマナゾーンから召喚してもよい。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体、自分の墓地からマナゾーンに置く。
ギガタック・ハイパー・トラップ 自然文明 (8)
呪文
各プレイヤーは、バトルゾーンにある自身のカードをすべてマナゾーンに置く。

ジョリー・ザ・ジョニー Joe 火文明 (10)
クリーチャー:(種族無し) 19000
スピードアタッカー
Q・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーがなければ、自分はゲームに勝つ。バトルゾーンに相手のクリーチャーがあれば、他のクリーチャーをすべて破壊する。

主要カード

候補カード

長所・短所

クリーチャーが殆ど場に残らず攻撃も基本的に行わないため、受けや除去を重視したコントロール系統には強く、成立時の環境では【ロージアミラダンテXII】【デ・スザーク】【青黒緑シャコガイル】に明確な有利が付いていた。

《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》が普通に投入される上に、罠金乱舞軸ならマナ回収やマナゾーンからのコスト踏み倒しをさらに充実させることができるため、事故率の低さも売り。速度さえ何とかなれば安定して勝ち筋を全うできる。

クリーチャーのコスト踏み倒しが全くない構成も十分可能であり、相手のコスト踏み倒しメタを腐らせることができる。

一方、このデッキが勝負を決めるより早くループを成立させる【ジャバランガループ】《ガンバトラーG7》を獲得したことにより比較的容易に3ターンキルができるようになった【ジョーカーズ】には不利であった。

早期にランデスを仕掛けるデッキにも手を焼く傾向があり、それに加えて速攻を行う【“轟轟轟”ブランド】は基本的にどうにもならない。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 01:40:56