ごり押し

S・トリガー殴り返しのリスクを省みず、シールドめがけて激しくビートダウンすること。

デュエル・マスターズルール上、相手のシールドブレイクすればそれだけ自分が勝利に近づくのは間違いない。しかし、ブレイクされたシールドは相手の手札となり、それがS・トリガーならばマナコスト無しで使用することができるため、下手な攻撃は利敵行為になることも多い。

自分の戦力が整っていない状態で無理にごり押しすると、S・トリガーで自分のクリーチャー除去された上、増えた手札で圧倒されて負けるという状況に陥りやすい。

このように、不用意な攻撃は結果的にディスアドバンテージを負いやすいので、自分が不利な状況以外では避けるべきプレイングである。

ただし、稀ではあるがごり押しが有効な場面も存在する。コントロールデッキを使っているときにごり押しされると非常に苦しい場面もあり、不利な状況で《青銅の鎧》などの小型クリーチャー《爆竜 GENJI・XX》のようなスピードアタッカーでごり押ししていたらそのまま勝ってしまうこともよくある話。

攻めるべき時を冷静に見極められるようになることが、初心者脱却への第一歩と言えるだろう。

  • 類語として「ぶっ放す」「ぶっぱ」などがある。
  • 他人に無理難題を押し付ける場合にも使われる。
  • コンボデッキ相手にごり押しするかはよく考えたい。十分なマナが貯まっている状態だとコンボのパーツが揃ってしまうこともありうる。逆に、何らかの理由ですぐにコンボが始動できないならば、さっさと殴り勝ってしまうのが安全と言える。
  • 革命編に入ってからは革命能力が登場。うかつにごり押しすると一気に劣勢になることもありうるので、考えなしに相手のシールドを2つ以下に減らすのは禁物である。逆に相手が革命2の下準備として故意にシールドを減らしてきた場合、隙あらばごり押しの絶好の機会となりうる。

参考


Last-modified: 2018-11-05 (月) 01:49:53