すべてのバトルに勝つ

「すべてのバトルに勝つ」は、バトルの勝敗判定方法を上書きする継続的効果である。

この効果を受けたクリーチャーはあらゆるバトルに勝ち、バトルしている相手クリーチャーバトルに負ける。

ただし、両者がバトルに勝つこともある。

初登場は、DM-14《太陽の精霊マルシアス》

太陽の精霊マルシアス SR 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 2000
このクリーチャーはすべてのバトルに勝つ。(相手クリーチャーのパワーの方が大きくても、相手クリーチャーはバトルに負ける。バトルしているクリーチャー両方がこの能力を持っている場合は、どちらも破壊されない)
無敵城 シルヴァー・グローリー VR 光文明 (6)
城−自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。 その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
自分のクリーチャーはすべてのバトルに勝つ。
この城を付けて要塞化したシールドが他の城によって要塞化されていなければ、そのシールドが相手のクリーチャーにブレイクされる時、かわりに自分のシールドを1枚手札に加えてもよい。

この効果を持つクリーチャーは、パワーに関係なくどんなクリーチャーとのバトルにでも勝てるようになる。

よって、スレイヤーと同じく、パワーが小さいクリーチャーでもパワーが大きいクリーチャー破壊できる手段となる。また、パワーの低いスレイヤーウィニー相打ちを取られることが多かったが、そのようなバトルにも一方的に勝てる。

事実上のスレイヤーの上位能力であるため、この能力を持っているクリーチャーコストも、スレイヤーより大きめ。

弱点はスレイヤー除去バトルには勝てても、カード能力には耐性が無い。また、スレイヤーに関してはほぼ確実に相打ちとなるため、この能力が意味を為さなくなることも多い。

この能力《無敵城 シルヴァー・グローリー》が最も有名であり、自分のクリーチャーをすべて無敵化させるので利用価値は高い。【クリーチャーコントロール】とは非常に相性がいいので、うまく活用していきたい。

ルール

参考


Last-modified: 2018-07-14 (土) 17:04:29