アースイーター

デッキとしてのアースイーター→【アースイーター】

DM-06が初出となる文明種族
半透明アメーバ質の巨体と隻眼、巨大な口を持ち、その名の通り「大地を喰らう」種族である。
大陸を削り海を増やすことで、水文明の活動範囲である海洋を増やしていく。

命名のルールは「〜・クロウラー」。多色や2種族カードでの冠詞は「戦攻」。単色進化クリーチャーは存在しないが、グラディエーターを併せ持つ《超戦攻賢者アギラ》ジャイアント進化の《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》がいる。

ストーム・クロウラー UC 水文明 (4)
クリーチャー:アースイーター 5000
ブロッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻す。
このクリーチャーは攻撃することができない。

超戦攻賢者アギラ R 光/水文明 (4)
進化クリーチャー:グラディエーター/アースイーター 5500
進化−自分のグラディエーターまたはアースイーター1体の上に置く。
バトルゾーンにある自分の他のグラディエーターとアースイーターすべてのパワーは+2000される。
自分のグラディエーターまたはアースイーターがブロックした時、カードを1枚引いてもよい。

ほぼ全てが4コスト以上の中〜大型で、ブロッカーを兼ね備えつつマナ操作やドローができるカードが多く、全般的にコントロールデッキで重宝される。
縁の下の力持ち的な活躍を期待できる種族。

様々なデッキマナ回収で採用される《ストーム・クロウラー》無限ループコンボに用いられる《ハリケーン・クロウラー》、使い勝手のいい手札補充ができる《スペース・クロウラー》などが有名なカード。

その他、ターンのはじめに自分のクリーチャーバウンスして追加ドローする《バキューム・クロウラー》や敵獣をタップインさせる《スベンガリィ・クロウラー》を擁する。

フィニッシャーとして《剛撃戦攻ドルゲーザ》《戦攻竜騎ドルボラン》を、進化クリーチャー《超戦攻賢者アギラ》を持つ。

全体的にトリッキーなカードが多く、一癖も二癖もある能力を持つ上級者向けの種族といえる。

  • 不死鳥編開始時に他の種族と同様に一時姿を消したが、極神編で復活。極神編では全体的にカードが多く追加され、多少フィーチャーされていた。

関連カード

アースイーターに関連する効果を持つカード

アースイーターの進化

参考


Last-modified: 2018-12-16 (日) 10:16:20