アーマロイド(種族)

DM-01 第1弾から存在するの古参種族
デッキとしての種族→【アーマロイド】

スチームパンク的な丸みのある造形のロボ、といったデザインのものが多い。のメカ型種族と違い、デザインには文明らしい泥臭さが漂う。

背景ストーリー上では主にヒューマノイドマシン・イーターに造られ、戦いを共にする兵器として活躍している。ベリーレアのカードも多いが、スーパーレア《機動聖霊ムゲン・イングマール》のみ。

命名ルールは「〜神兵〜」で、多種族での冠詞は「機動」。一部に《放浪兵エルジージョ》《轟撃兵フレンディオス》などの例外があるが、その場合も「兵」の字は必ず入る。
多色カードでは文明との混成が多めなのが特徴。

長らく単色進化クリーチャーは存在していなかったが、DM-35《超合金マッハ・ホウオウ》が登場した。

銃神兵ディオライオス R 火文明 (4)
クリーチャー:アーマロイド 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のクリーチャーを1体破壊する。その後、相手は自分自身のクリーチャーを1体選び、破壊する。

放浪兵エルジージョ R 火文明 (2)
クリーチャー:アーマロイド 4000
このクリーチャーが破壊された時、カードを1枚、自分のマナゾーンから自分の墓地に置く。

コストは1〜11と、サイズにかなり開きがあるが、多くは4マナ前後の中型。

文明クリーチャーらしく、アンタップキラー火力パワーアタッカーランデスなどが得意。
中でも《猿神兵アッシュ》ランデス《銃神兵ディオライオス》《砕神兵ガッツンダー》除去能力は質が高く、なかなか有名。1マナの《螺神兵ボロック》【赤単速攻】アタッカーとなったり、【アッシュランデス】自壊させてランデスしたりできる。

《超機動魔獣ギガランデス》《機動聖霊ムゲン・イングマール》などのフィニッシャータイプのクリーチャーも存在し、なかなか多芸な種族である。

しかし、どんなデッキでも入るような汎用性の高さは無いので、種族デッキでの活躍が主となる。
《猿神兵アッシュ》《砕神兵ガッツンダー》《超機動魔獣ギガランデス》のような、デッキコンセプトとなるようなカードを中心に考えていくといいだろう。

関連カード

アーマロイドに関連する効果を持つカード

アーマロイドの進化

参考


Last-modified: 2018-10-11 (木) 00:52:14