インフレ

エキスパンションが進むにつれ、新しく出るカードスペックが徐々に高くなっていくこと、もしくはそうしたカードが増えていく環境のことをいう。

つまりはコストに対して能力が強力になり、クリーチャーの場合はパワーも大きくなっていくことを指す。
経済用語「インフレーション(inflation)」の略であり、本来の意味は「物価が持続的に上昇すること」である。

クリーチャーの場合、パワーが大きくなると言っても、《無頼勇騎ゴンタ》の様な「2コストバニラパワー4000のクリーチャー」となる場合は、普通インフレとは言わない。

一般にインフレとは、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》の様な「コスト7でシールド・フォース付きパワー9000」の場合を指す。

普通、シールド・フォース能力は本来得るはずだったパワーから、マイナス1000以上されるという計算だが、このクリーチャーではそれが適用されていない。この場合では、コスト7なのでパワー9000、かつなのでバニラならば9500となり、シールド・フォースで500しか消費していない事になる。

つまり、バニラ並みのパワーを維持しながら強力な能力を得ているということで、かなり高いスペックとなっている。こういった現象が多くのカードで見受けられる場合に、インフレと言われる。

基本的にクリーチャーは、パワーの高さよりも能力の強さが求められるので、パワーだけが独り歩きしてインフレしていくことはない。たまに、《緑神龍ディルガベジーダ》《界王類七動目 ジュランネル》のようにコストに反して、逸脱した高いパワーを持つ者もいるが、《緑神龍ディルガベジーダ》の場合は強力な能力を持たない分をQ・ブレイカーや高パワーに回したり、《界王類七動目 ジュランネル》デメリット能力がついていたりするので、やはり能力のインフレありきのパワーの高さと言える。

派手でオーバーキルカードを引き合いに出してインフレを説明することがあるが、それは適切ではない。例えば、《グラディアン・レッド・ドラゴン》パワーが高いのはインフレによるものではない。10コストと非常に重くT・ブレイカー以外の能力を持たないためにこのパワー設定なのである。カードパワーの判定には、コストパフォーマンスに着目するべきである。

コストが高いカードほどインフレが目立つ傾向にある。クリーチャーの場合、ファッティクラスになるとパワー能力の両方に凄まじいインフレが起きている。逆にコストが低いカードはインフレは起き辛く、コスト1の《凶戦士ブレイズ・クロー》《予言者クルト》などは、登場以降上位互換が出ずに高く評価され続けている。

初期の頃は、何かしらの能力を持ったクリーチャーは、コストに対してパワーが低くなることがあったが、次第にコストに見合ったパワーを維持、もしくはそれを上回るパワーを持った上で、強力な能力を持っていることが多くなった。そういう観点からみると、パワーの方がインフレしているとも言える。パワーを参照する《炎槍と水剣の裁》プレミアム殿堂から4枚投入可能になったことからも、それが見て取れる。

インフレをしているのはクリーチャーだけでなく、呪文も同じである。呪文パワーを持たないので、なおさら能力の強さを引き合いに出してインフレを語られる。

他のカードタイプでは、インフレはほとんど見られない。これはクリーチャー呪文と違って、これらは短期間しか登場しないためである。

環境におけるインフレ

その他

  • 通常トレーディングカードゲームはエキスパンションが進むにつれてインフレも進む。カードの性能がどんどん上がっていくのは、新しいパックを購入する意義を与えるためである。既存のカードと同じかそれを下回るスペックカードを、わざわざ買ってまで使おうとは思わないだろう。ゆえにインフレが起こるのは仕方のないことである。完全上位互換とされるカードの出現はそれを示唆していると言える。
  • インフレによって古いカードの利用価値が下がる現象は、デュエル・マスターズに限らず多くのトレーディングカードゲームで見られる光景である。古参プレイヤーには少々酷だが、時には新しいカードの進歩に着目するのもいいだろう。
  • しかし過度なインフレの進行は、プレイヤーに絶え間ないカードの買い替えを要求することになる。こうなると、販売店にもプレイヤーにとっても不利益を招くので、カードデザインには細心の注意を払ってほしいものである。

参考


Last-modified: 2018-12-11 (火) 14:37:00