ウェーブストライカー

ウェーブストライカーとは、「バトルゾーンにウェーブストライカーを持つクリーチャーが他に2体以上いる限り、このクリーチャーはWS(ウェーブストライカーアイコン)以下の能力を得る。」を意味する常在型能力
デッキとしてのウェーブストライカー→【ウェーブストライカー】

この能力を持つクリーチャーは総じてマナコストに対してパワーが低いが、条件を満たした後は爆発的にスペックが高くなる。

炎舞闘士サピエント・アーク  C 火文明 (3)
クリーチャー:ドラゴノイド 2000+
ウェーブストライカー(バトルゾーンに「ウェーブストライカー」を持つクリーチャーが他に2体以上あれば、このクリーチャーは次のWS能力を得る)
WS−このクリーチャーのパワーは+4000され、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。

また、バトルゾーンにある自分のクリーチャーだけではなく、相手のウェーブストライカーを持つクリーチャーがいても条件を満たすため注意が必要である。
それを逆に利用したウェーブストライカーのメタカード《爆輪男》も存在。

種族ではないので、《光器ペトローバ》《凶星王ダーク・ヒドラ》などの恩恵は受けられない。

  • 設定ではレインボー軍団に破れたため、全滅している(全方位カードファイル5参照)。そのため、今後新しいウェーブストライカーが出てくることは考えにくい。
    • しかし、似たような境遇だったサバイバーDMD-26で12年振りの復活を遂げたので、可能性が全くないわけではないようだ。

参考