エイリアン

主に以下の2つに分類される


エイリアン(種族)

DM-39 「覚醒編 第4弾 覚醒爆発(サイキック・スプラッシュ)」で姿を見せ、DMR-01 「エピソード1 ファースト・コンタクト」から本格的に登場した種族

この種族を持つクリーチャーは全体的に「目がなく、口が大きく、つるっとした肌には光り輝くオーブが埋め込まれている」ような外見のものや、グロテスクで奇抜なデザインのものが多い。しかし、DMR-03ごろから、この特徴にあてはまらないものが多数登場してきている。

対となるハンター単色カードがほとんどなのに対して、エイリアンは多色カードや、多色を推奨するようなカードが多く、エイリアンのサイキック・スーパー・クリーチャーも今のところすべて多色である。

命名ルールは、登場時点では既存の種族の命名ルールに超巨星クラスの恒星の名前が追加されたもの。DMR-01からは「ガガ」、は「セブ」、は「ザビ」、は「ギル」、自然は「ジオ」が、DMR-02から多色は「ディス」がそれぞれさらに名前に加えられるようになり、冠詞が漢字であてられているものもいる(例:《横綱 義留の富士》)。また、「光器」が「光鬼」「聖霊王」が「聖隷王」になるなど、既存の冠詞が読みはそのままで漢字が変わる事がある。

しかし、命名ルールが適用されないクリーチャーも多い。

毒針の暗殺者アンタレス R 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド/エイリアン 4000
自分のターンの終わりに、クリーチャーを1体、自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、そのクリーチャーよりコストが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。

電流戦攻セブ・アルゴル UC 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター/サイバーロード/エイリアン 2000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト5以下の、光、水、闇いずれかのサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
  • 上記の「デュエルマスターズ・ビクトリー」の登場人物の事もあってか、温泉相撲名古屋に関連したカードがそれぞれ複数存在する。
  • 「エイリアン(Alien)」という英語は本来なら「外国人、異邦人」の意味合いであるが、映画のエイリアンなどの影響でもっぱら「異星人」や「地球外生命体」というように使われている。
  • 不死鳥編で登場した惑星型フェニックスとは、星に関する命名ルールや、異次元から現れたという設定が共通している。また、DM-05およびDM-06で登場したサバイバーとも、クリーチャー世界と異なる空間から現れたという設定や、体の一部に球体を有するという設定が共通する。

関連カード

エイリアンに関連する効果を持つカード

エイリアンの進化

参考


Last-modified: 2018-12-02 (日) 04:55:55