エクストラウィン

何らかのカード能力による特殊な勝利方法である。

クリーチャーによるダイレクトアタックライブラリアウトといった、ルールの原則以外による勝利方法を指す。
カードの能力が原則を改変することから「エクストラ」が付く。

究極銀河ユニバース SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 17000
進化−自分のフェニックス1体の上に置く。
メテオバーン−このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そのカードが最後の1枚でフェニックスならば、自分はゲームに勝利する。
T・ブレイカー

光霊姫アレフティナ SR 光文明 (4)
クリーチャー:メカ・デル・ソル/アーク・セラフィム 8000
このクリーチャーを召喚するコストは、自分のシールド1枚につき1多くなる。
相手のクリーチャーが自分を攻撃する時、それがそのターンはじめての自分への攻撃で、自分のシールドが1枚もない場合、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
自分のシールドが10枚以上あれば、自分はゲームに勝利する。
W・ブレイカー

多くはトリガー能力であり、決められた条件を満たすことでそのゲームでの勝利が確定する。
《光霊姫アレフティナ》《サイバー・J・イレブン》状況誘発であるため、《エメラル》《獰猛なる大地》など、他のカード解決中に一時的に条件を満たした場合でも即勝利が確定する。
《水上第九院 シャコガイル》置換効果であるため、こちらもドロースペル等の解決中に条件を満たした場合でも勝利が確定する。余計な枚数を引くことになっていても問題はない。


エクストラウィン一覧

敗北回避能力の存在により、エクストラウィン持ちカードは以下の種類に分類できる。

攻撃によるトリガー能力タイプ

攻撃以外のトリガー能力タイプ

《ケンゲキオージャ 〜究極火焔〜》相手の能力によって、バトルゾーンを離れる。
《ケロヨン・カルテット》バトルゾーンに自分の《ケロヨン・カルテット》が4体存在する。
《偽りの名 iFormulaX》タップされていて、自分の手札が10枚以上存在する。
《伝説の正体 ギュウジン丸》召喚されてバトルゾーンに出た時、相手は自身のクリーチャーをすべて山札に加えてシャッフルする。この効果で6体以上山札に加える。
《夢の変形 デュエランド》召喚されてバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から7枚を墓地に置く。その中から、コスト7以下のカードを好きな数、コストを支払わずに使ってもよい。この効果ですべて使う。
《D2P ヘビーポップ》自分のターンのはじめに、バトルゾーンに自分のD2フィールドと、自分の同じ名前のクリーチャーが4体以上存在する。
《P・P・P・P》自分のターンのはじめに、自分の《P・P・P・P》バトルゾーンマナゾーン墓地それぞれに1体存在している状態で自分の手札にある《P・P・P・P》を見せる。
《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》このクリーチャー召喚によってバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに相手のクリーチャーが存在しない。
《ジョリー・ザ・ジョニー》バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あり、攻撃の後、相手のシールドも[[]クリーチャー]]も存在しない。
《「拳」の頂 デシブコ・グーチーパ》このクリーチャー召喚によってバトルゾーンに出た時、相手と5回ジャンケンし、そのすべてに勝つ。
《「一方的に勝つに決まっている」》相手の墓地クリーチャーが20体以上存在する

置換効果タイプ

《水上第九院 シャコガイル》自分の山札の最後の1枚を引く。

状況誘発タイプ

《光霊姫アレフティナ》自分のシールドが10枚以上存在する。
《偽りの名 iFormulaX》タップされていて、自分の手札が10枚以上存在する。

裁定待ち

《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》相手が山札に横に刺さったカードを引く。

主にトリガー能力であり、決められた条件を満たすことでそのゲームでの勝利が確定する。
(《ジョリー・ザ・ジョニー》のエクストラウィンは攻撃を前提としているが、アタックトリガーではないので上のグループには該当しない。攻撃の後を迎えることで初めて効力を発揮するので、《ジョリー・ザ・ジョニー》をそれまでの間生き残らせる必要がある。
《水上第九院 シャコガイル》置換効果であるため、こちらもドロースペル等の解決中に条件を満たした場合でも勝利が確定する。余計な枚数を引くことになっていても問題はない。
《光霊姫アレフティナ》《サイバー・J・イレブン》状況誘発という裁定が出ているので、《エメラル》《獰猛なる大地》など、他のカード解決中に一時的に条件を満たした場合でも即勝利が確定する。

メタカードについて

《メッチャ無敵なじーさん》《光姫聖霊ガブリエラ》《剛勇王機フルメタル・レモン》などは「攻撃によるトリガー能力タイプ」のみ回避できる。

《完全防御革命》は「攻撃以外のトリガー能力タイプ」のみ回避できる。

また、上2種のトリガー能力のものは、《不敗のダイハード・リュウセイ》の二番目の能力《頂天聖 レオザワルド》によって置換する事でも回避できる。

状況誘発タイプ」は、《完全防御革命》《不敗のダイハード・リュウセイ》等の置換効果を適用させること自体は可能が、状況誘発の性質上、一度回避しても再度誘発を繰り返すため、結果的に回避できない。

置換効果タイプ」は、攻撃か否かにかかわらず、それ自体が一発目の置換効果となるため、《完全防御革命》《不敗のダイハード・リュウセイ》等を更に適用させることはできないので回避できない。

《十弐制覇 鬼「王者」》《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》等の常在型能力による敗北回避能力は、各々の条件を満たしていれば上記のすべてのタイプのエクストラウィンを回避できる。《不敗のダイハード・リュウセイ》の最後の能力が既に有効な時や、対象は逆だが《傲慢の悪魔龍 スペルビア》も同じ。

《水上第九院 シャコガイル》で勝利条件を満たしたということは、すなわちライブラリアウトしたという意味なので、《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》等でその一瞬を回避されると自滅を招くことになる。


その他

いずれにせよ条件さえ満たせば、自分と相手の状況にかかわらずその時点で勝利が決定するためその条件は総じて難しい。《ケロヨン・カルテット》をはじめとして、条件を満たせるような状況であればオーバーキルだと言わざるをえないエクストラウィンは数多く存在する。

しかし、あらゆる条件を無視して勝利してしてしまう豪快さは非常に魅力的である。デュエル・マスターズにおいてダイレクトアタックを目指すための攻撃という行為には多大なリスクが伴う。そのリスクを負わずに済むというのが最大の利点であり、実用的なエクストラウィンはループコンボのフィニッシャーとして積極的に採用されやすい。

《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》の登場以後は相互互換的なスペックのエクストラウィンが目立つ。ループ機構に何を採用しているのかを基準に考え、どのエクストラウィンが最も適しているのかをプレイヤーが自由に選べる時代になったともいえよう。

  • 先に登場した2種にはどちらも名前に「究極」とついていたため、エクストラウィンが可能なカードに共通する命名ルールではないかと推測されていた。しかし《光霊姫アレフティナ》の登場により、命名ルールが特に決まっていない事が分かった。
  • いわゆる和製英語である。日本ではエクストラウィンと言われるが、英語圏では"alternate win"(オルタネイトウィン)と呼称する。
  • 無論非公式用語ではあるものの、アニメVSR以降は社長こと邪藩 牛次郎切札 ジョーがこの能力を使用するにあたって度々用いられており、バニラなどと同様に半ば公式用語となっている。

エクストラウィンを狙うデッキ

参考