エグザイル・クリーチャー

エピソード3より登場した新タイプのクリーチャー

基本的には通常のクリーチャーと変わりないが、それぞれ指定した名称を持つエグザイル・クリーチャーバトルゾーンに出せなくする能力を持つ。このデメリット能力により通常のクリーチャーよりもコストパフォーマンスに優れる。

また、専用の能力である「ドロン・ゴー」を持つカードが多く存在する。

双(リトル)拳銃(ガンマン) ドラポン P 火文明 (4)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 4000
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊する。
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《拳銃》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《拳銃》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

弐超(ガンガン)拳銃(ガンマン) ドラゴ・リボルバー P 火文明 (7)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 8000
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー
ドロン・ゴー:このクリーチャーが破壊された時、名前に《拳銃》とあるエグザイル・クリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
自分の他の、名前に《拳銃》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

激流(アチョー)剣砲(クリムゾン) カツ∞キング P 水/火文明 (9)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 12000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを無限の数破壊する。その後、カードを1枚引いてもよい。
T・ブレイカー
自分の他の、名前に《剣砲》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

基本的には普通のクリーチャーの派生と思って差し支えは無い。

サイキック・クリーチャードラグハート・クリーチャーとは異なり、通常のクリーチャーと同じようにデッキに入れて使用する。

手札からプレイする際は、マナコストを払って召喚する必要があるのも同様である。もちろん、条件を満たせばコスト踏み倒しも可能である。

ゲームで使用するに当たっては、専用の能力ドロン・ゴーをうまく活用することが重要。破壊されると手札からコスト踏み倒しできるのでフィールドアドバンテージを失いにくい。サーチドローソースで確実に手札に握れるようにしたい。

反面、バトルゾーンに2枚以上出せないという無視できないデメリットがある。手札に何枚も来てしまうと事故となるので、デッキビルディングには気を付けたい。

  • エグザイル(EXILE)”とは「放浪者」「亡命者」という意味である。
  • 特定の組み合わせがないと活かしにくいカードが多いことが枷となっているのか、エピソード3終了後の再録機会にあまり恵まれない傾向がある。また、新規カードも非常に少なく、現在新たなプレイヤーがデッキを組むのは一時期のサバイバーウェーブストライカーと同程度に困難と言えるだろう。
  • 革命チェンジドロン・ゴーと似たような効果を有しているが、ドロン・ゴーよりもより簡便に発動でき、変身元・変身先問わず恵まれている。このことがより一層ドロン・ゴー、ひいてはエグザイルを不遇にしてしまっている。

エグザイル・クリーチャーに関連する効果を持つカード

《弐超拳銃 ドラゴ・リボルバー》

参考


Last-modified: 2018-12-08 (土) 17:10:47