エンジェル・コマンド


光エンジェル・コマンド(種族)

DM-01から存在する文明の古参種族デーモン・コマンドとは対になっている。後に全文明にコマンドが登場することになるが、それら後続のコマンドと比べて種類も圧倒的に豊富で、種族を参照するサポートにおいても、まだ差が大きい。

空を覆うほどに巨大で、姿かたちは抽象的。進化クリーチャーは巨大ロボットのような姿で、まさに天使のような白い羽毛で覆われた大きな翼を持っている。
世界の強大な象徴として扱われており、文明の秩序や精神を体現する存在。ドラゴン達と同じく、太古のDM世界から存在している種族でもある。

命名のルールは「〜の精霊〜」で、進化すると「聖霊王〜」。多種族では「聖霊」が冠詞となっている。デーモン・コマンドとの多種族進化の場合は、「悪魔神王」を冠詞とする。
"精霊"と"聖霊"があるので、カード名を宣言するときなどに間違えないよう注意。

ドラゴンでないもののドラゴン・サーガ世界でも続投している種族のひとつでもある。

天海の精霊シリウス SR 光文明 (11)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 12000
ブロッカー
T・ブレイカー

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 9000
シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次のSF能力を得る)
SF−このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
SF−このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンから離れずにとどまる。
W・ブレイカー

聖霊王アルカディアス VR 光文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 12500
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
W・ブレイカー
誰も光以外の呪文を唱えることができない。

種族中でも大型寄りの種族で、2マナ以下の軽量クリーチャーが存在しない。種族に属するクリーチャーの数はかなり多い。昨今ではむしろエンジェル・コマンドを持たないフィニッシャーを探すのに苦労するくらいである。
元々パワーが高めなクリーチャーの中でのファッティ種族だけあって、平均パワーは6000を超えるほど。

大型種族ではあるがかなり芸達者で、高パワーブロッカーはもちろん、呪文活用、ドローサーチマナ回収、条件付き除去能力クリーチャーまでおり、ができる一通りのことがこなせる。
もちろん、本業である大型ブロッカーとしては全種族中でも最高峰の性能を誇り、【ヘブンズ・ゲート】では当然のように主力扱いされる。

進化クリーチャーはほとんどが強力なシステムクリーチャーであり、1体で勝負を決めてしまえるほどの力を持つものも多い。文明の特徴である「ルール・秩序の制定」を体現するような、意識的なデザインであろう。

  • エピソード2でフィーチャーされた種族の一つ。従来には見られなかった獣型のイラストのものが多数登場したり、闇のエンジェル・コマンドが登場した。闇のエンジェル・コマンドについては下を参照。
  • ドラゴン・サーガ以降に登場したエンジェル・コマンドは冠詞と名前の間にスペースが入るようになった。

関連カード

エンジェル・コマンド全般に関連する能力を持つカード

+  一覧

エンジェル・コマンドの進化

+  一覧

参考


闇エンジェル・コマンド(種族)

エピソード2でフィーチャーされた、単色のエンジェル・コマンド。多色のエンジェル・コマンドとは違った特徴を持つ。(単色のエンジェル・コマンド自体はDM-21に収録された《魔聖デス・アルカディア》が初出)
《「祝」の頂 ウェディング》によって生み出され、ウェディングの指揮のもとクリーチャー世界を滅ぼすために行動した。《「祝」の頂 ウェディング》が姿を消した後もゼニスをサポートし続けた。

黒や赤を基調とした、たくさんの棘を持った姿を持ち、DMR-06以前に登場したエンジェル・コマンドを基にしたようなイラスト、能力を持つ。

ここで上げる闇エンジェル・コマンドとは闇単色のものを指し、《悪魔聖霊アウゼス》のようなを含むエンジェル・コマンドは含まない。

命名ルールは「〜の堕天〜」で、アンノウンが合わさると「偽りの星夜〜」となる。また、カード名のどこかに結婚式にまつわる単語を含む。
多種族での冠詞は《堕天左神エレクトラグライド》の存在から「堕天」だと思われる。
だがDMR-12ゴッド・ノヴァ OMGとの複合は例外となる。

偽りの星夜(コードナイト) ジューン・ブライド P 闇文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 11000
このクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札から2枚選んで捨てる。
このクリーチャーが、自分のターン中はじめてタップされた時、自分のシールドをひとつ墓地に置いてもよい。そうした場合、このクリーチャーをアンタップする。
W・ブレイカー

堕天左神エレクトラグライド VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァ OMG/エンジェル・コマンド 7000+
このクリーチャーが攻撃する時、相手の墓地にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうした場合、その後、相手はそのカードを自身の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
左G・リンク
このクリーチャーがゴッドとリンクした時、相手の山札の上から2枚を墓地に置かせてもよい。

のエンジェル・コマンドは、従来ののエンジェル・コマンドを元にデザインされている。また、のエンジェル・コマンド/アンノウンの中で「真実の名」に目覚めたクリーチャーは1体もいない。

また、「闇のエンジェル・コマンド」を「闇天使」と呼称するなど、プレイヤーからは天使と呼ばれることが多く、公式でも天使という言葉を使うことも多いが、実際にカード名で「天使」という言葉がついているのは「聖天使」とつく進化イニシエートであり、エンジェル・コマンドではない。

だがエンジェル(Angel)は天使という意味を持ち、対となるデーモン・コマンドは「悪魔」という言葉を多種族や進化の冠詞に使用しているため、対比表現として「天使」という言葉が広まったのだろう。

エンジェル・コマンドは、彼ら自身の間でシナジーを形成しているほか、《ウェディング・ゲート》という専用サポート呪文も持ち、4コストから大型クリーチャー、除去耐性を持つブロッカーまでそろっている。したがって種族デッキを組む際には、従来のエンジェル・コマンドデッキに組み込むほか、闇エンジェル・コマンドをテーマとしたデッキを作ってしまうこともできる。

闇文明らしく、自身のシールドをコストとしてハンデス、全体除去などを行うクリーチャーが多いため、シールドを増やすカードとの相性が良い。

(主に)闇エンジェル・コマンドに関連する能力を持つカード

※光との多色については光エンジェル・コマンドの項目を参照

参考


エンジェル・コマンド(種族カテゴリ)

テキストに登場する「エンジェル・コマンド」という語は、名前に「エンジェル・コマンド」とつく種族全体を指す。元々は「エンジェル・コマンド」という種族のみを指す用語だったが、アウトレイジエラッタの影響とエンジェル・コマンド・ドラゴンの登場によりカテゴライズされ、新たな概念として生じた。

「エンジェル・コマンド」とある種族

参考


Last-modified: 2019-01-14 (月) 19:33:24