オラクリオン

DMD-10にて初登場した種族

命名ルールは「シンセイキ(漢字三文字) 〜」。多くが「神聖キ」となり「キ」の部分に同じ読みの漢字一文字が入るが、《神青輝 P・サファイア》《新聖綺神 クロスオーバー・ヨミ》はそれに当てはまらない。進化クリーチャーは「聖忌マツ 〜」。こちらも語尾にあたる「マツ」には同じ読みの漢字一文字が入る。
名前には音楽のジャンル名が含まれる。
《破獄のマントラ ゾロ・ア・スター》を除いて、その全てが無色クリーチャーである。

神聖騎 オルタナティブ P 無色 (7)
クリーチャー:オラクリオン 7000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。バトルゾーンに自分の《策士のイザナイ ゾロスター》があれば、その選んだクリーチャーを破壊する。《策士のイザナイ ゾロスター》がなければ、そのターン、そのクリーチャーのパワーは−6000される。
W・ブレイカー
聖忌祀(せいきまつ)ニューウェイヴ P 無色 (8)
進化クリーチャー:オラクリオン 13000
進化−自分の無色クリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーまたは自分の他のクリーチャーが破壊された時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
相手のターン中に自分のシールドがブレイクされた時、このクリーチャーは相手のシールドを1枚ブレイクする。
  • 背景ストーリーではゴッド・ノヴァに次ぐオラクルの信仰の対象であるためか二段構えの不遇な種族である。その為収録された数も少ないものの、その能力はどれもこれも光るものであり、上手くデッキを構築して使ってやりたい。
  • 進化のオラクリオンの多くはコストが7であり、cip能力を持っている。
    この特徴は背景ストーリーでオラクリオンのプロトタイプとされている「カノン」の階級を持つオラクルにも共通している。
  • アニメおよび漫画ではゾロスターがよく使う種族。だが偽りとはいえ信仰対象であるオラクリオンに対して敬語を一切使わない。他方ゴッド・ノヴァヨミおよびイズモには(立場もあるが)敬語であり、ますます不遇である。とはいえ、戦闘回ではその当時登場しているオラクリオンを全て使用したことから好きな種族ではあるのだろう。
  • 何となく、アニメ「新世紀(こちらも「しんせいき」)エヴァンゲ『リオン』」を彷彿とさせる名前である。ちなみに、あちらは福音、政治主義、吉報などを意味する「evangel(エヴァンジェル)」から命名されており、やはり宗教関係の名前である。

オラクリオンに関連する能力を持つカード

オラクリオンの進化クリーチャー

参考


Last-modified: 2018-09-06 (木) 18:00:04