オリジナルパック

タカラトミーから発売されているエキスパンションとは異なる、店舗独自で販売されているパックのこと。通称オリパ
デュエル・マスターズに限らず、様々なTCGにおいて行われている中古カードの販売形態の一つである。

オリジナルパックとは銘打たれているが、要するに「中古カードクジ」である。

同じく中古販売であるシングルカードとの大きな違いは内容が固定ではないという点にあり、当たりであれば販売価格の数倍の相場のカードが封入されている一方で、ハズレだとノーマルハズレアといった低相場なカードしか入っていないなど非常に渋い結果になる事が多く、投資金額に比して全く割に合わない、詐欺じみた結果になってしまう事も決して少なくはない(所謂爆死である)。
ただし、販売価格によっては名だたる高額カードですらハズレ扱いになっている(特に公認グランプリの優勝者賞が当たりになっている場合)事もあるので、この法則は一概には言えない。

一方で、ノーマルでも相場が高騰しているカードであったり、絶版の貴重なカードが含まれている事もあったり、少ない投資でチャンピオンシップ公認グランプリ限定のプロモーション・カードが手に入る可能性もあるなど、決して悪い事ばかりというわけではない。
ハイリスクハイリターンなスリルを楽しみたい、質より量を重視したい、ただ「パックではなくカードを買う」という感覚が気に入らないというプレイヤーであれば手を出してみる価値はある。

  • シングルカードと同様、中古販売にあたり古物商許可が必要なものなので、本来は一般人が勝手にオリパを販売してはいけない。
    • 仮に許可があったとしても、オリパの中に当たり一覧にあるカードを含めていなければ(要するにハズレしかなければ)詐欺罪が成立する可能性が高い。店舗や個人の誠実さが問われる所だろう。
  • TCG専門ではないリサイクルショップなどでスーパーレアなど光物のみシングルカード扱いで、光物ではないレア以下はすべてオリパ扱いという店舗も少なくない。そういった扱いの店舗でデッキパーツを集める場合は大変だろう。
  • 販売店舗側の視点ではシングルカード扱いでの販売が見込めない低いレアリティのカードや高いレアリティでも価値の低いカードなどを処分する手段の一つがオリジナルパックであり、考えもなしに購入すると損することの方が多い。
    しかし、価値自体は高かったが損傷が激しくシングルカード扱いで販売できないカードが封入されている場合もあり、販売側とプレイヤー側の価値観の違いで得することは考えられる。

オリジナルパックの販売形態(一例)

スリーブに入っているタイプ

スリーブに1枚もしくは数枚のカードが封入されているタイプ。封入枚数が少ない分、当たりハズレは非常に大きい。

ブロック型のタイプ(ブロックオリパ)

カードの塊をブロック状に固めて封がしてあるタイプ。数枚の当たりが表面に見えているだけで、中身の大半はノーマルである。ノーマルが何十枚か纏めてほしい場合には有用なこともある。

自動販売機タイプ

自動販売機に一定金額の硬貨を投入する形で販売されているタイプ。カードは自販機専用の箱に入っている事が多い。このタイプは「ガチャ」と呼ばれる事もある。

参考