オレガ・オーラ

DMSD-09で登場した新たなカードタイプオーラの一種。

*/零幻チュパカル/* C 水文明 (2)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +0000
自分のオーラを使うコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

ア・ストラ・ゼーレ MAS 水文明 (6)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +6000
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これをクリーチャーに付けた時、そのクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。こうして6体以上が手札に戻されたなら、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

現在、自然文明で確認されている。
命名ルールは、低レアなら《*/(旧漢数字)幻〜/*》で「〜」には未確認生命体(UMA)のもじりが入る。漢数字は追加されるパワーに対応するようだ。

  • 零幻+0000
    弐幻+2000
    肆幻+4000
    陸幻+6000
    高レアなら《極幻(漢字一文字) 〜》。
    マスターカードはそれらの法則性に縛られない。

命名ルールは、低レアなら《幽〇〜》となり〇には元になったマフィ・ギャングの種別が入る。

  • 幽具魔導具
    幽鬼凶鬼のマフィ・ギャング
    幽影影の者のマフィ・ギャング
    高レアなら法則性はないが漢字三文字が名前の前につく。
    その中には元ネタとなったクリーチャーがわかるのもあるが、元ネタがわからない(存在しない?)ものもある。

自然命名ルールは、2つ以上のギリシャ文字を組み合わせた独自の読みが使われているようだ。

コストを支払う事でバトルゾーンにある自分のGRクリーチャー1体に付けるか、すぐにGR召喚を行いバトルゾーンに出したGRクリーチャーに付ける事が出来る。
GRクリーチャーに付けてバトルゾーンに出すため、このカード単体ではバトルゾーンに存在できない。
ただし、このオーラを付けたクリーチャー封印された場合、例外的にバトルゾーンに存在する事が出来ると思われる。

左下にクリーチャーのようにパワーが表記されているが、これはこのオーラを付けているクリーチャーパワーを追加するためのものである。
またクリーチャーの場合と異なり、「+」の位置が数値の後ろではなく前に付いている。

コストオレガ・オーラは、これを付けたクリーチャーパワード・ブレイカー付与する能力を持っている。

  • プレイする時の専用の用語が無く(クリーチャーに対する召喚フィールドに対する展開など)、カードプレイする時全般に使われる「使う」と言う表記が確認されている。
    しいて言えば付けると言う用語が使われているが、これはウエポンに対する装備のようなもので、オレガ・オーラをプレイする事を指す用語とは異なる。
    尚、アニメでは使用したキャップはオレガ・オーラを使用する行動を「ライドオン」又は「ライド」と呼んでいる。
  • 水文明のオレガ・オーラの名前両端の「*/」と「/*」の元ネタはC言語などのプログラミング言語の記号の1つでありコメント(実際に実行されないメモのようなもの)を記述するときに使われる。ただし正しい使い方は「/*書きたい文章*/」となる。
    • ちなみに《*/何か文字列/*》と書いた場合は、「何か文字列」の外側がコメントになる。以下は緑字がコメントになる部分で、赤字がエラーになるであろう部分である。
    • */弐幻ケルベロック/*》《*/弐幻スパイアル/*》《*/弐幻ニャミバウン/*》《*/陸幻スルニャン/*》《*/零幻チュパカル/*》《*/零幻ルタチノ/*》《*/肆幻モドピトテ/*》《*/肆幻ヨナビクニ/*

参考


公式Q&A

Q.オレガ・オーラはどうやって使いますか?
A.オレガ・オーラを使う時は、すでにバトルゾーンに存在するGRクリーチャーの上に付けるか、新たにGR召喚してそれに付けます。通常のクリーチャーの上に付けることはできません。
引用元

Q.オレガ・オーラは2枚以上同じクリーチャーにつけることはできますか?
A.はい、何枚でも重ねることが可能です。どれだけ上に重ねても個々のオーラの能力はそれぞれ有効です。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーの特性(パワーや文明など)はどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーは、オレガ・オーラに書かれたパワーが追加されます。それ以外の特性は元のクリーチャーのものをすべて持ちます。例えば、オレガ・オーラの種族やコスト、文明はクリーチャーに追加されません。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーがバトルゾーンを離れたらどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、オレガ・オーラは付いていたクリーチャーと同じゾーンに移動します。手札に行けば手札に戻り、マナゾーンに行けばマナゾーンに行きます。
引用元

Q.オレガ・オーラが付いたクリーチャーが進化したらどうなりますか?
A.オレガ・オーラが付いたクリーチャーが進化した時、オレガ・オーラは付いたままになります。(すべての修正は進化した後のクリーチャーに残り続けます。)
進化した後に通常クリーチャーになった場合、それまでついていたオーラは外れませんが、GRクリーチャーではないのでそれ以降新たにオレガ・オーラを付けることはできなくなります。
引用元