カツドン

漫画「ビクトリー」及びアニメ「ビクトリーV3」の登場キャラクター《頼むぜ!カツドン》が実体化した姿。アニメでの声は「デュエル・マスターズ クロスショック」でエグゼドライブをモブで担当していた高木渉氏が担当。
一人称は「ワイ」。ドロン・ゴーしたあとは「私」になる。

&anchor(comic)

漫画

丼型の宇宙船に乗って地球にやって来た不思議生物。勝太に宇宙船を壊され切札家に小間使いとして居候することになった。

他のエグザイル・クリーチャーよりも強い力を持つレイジクリスタルを持っている為、ゾロスタープラマイ 零ヨミに狙われている。
彼らに遭遇する度に、勝太のデッキに入ってサポートを行う。

プラマイ 零とのデュエルの際に八つ裂きにされるが、ロビーによって復活されると同時に《武闘将軍 カツキング》へのドロン・ゴーが可能になった。

  • カードさえ八つ裂きにされなければどうということはないのか、ゾロスターが出した《神聖騎 オルタナティブ》の攻撃で上半身と下半身が分離しても話し続けたり、たんこぶをたくさん作りながら叫んだり、自分がむしろ霊体となって勝太としゃべるなど、かなりギャグ漫画のような描写も多い。一方、ヨミとの勝負で《神人類 ヨミ》の攻撃で吹き飛ばされたときは、ドロン・ゴーする前に一度気を失っている。
  • 数年後の「デュエル・マスターズVS」では彼にそっくりのハムスター、その名も「ハムカツ」が登場。「ちゃうちゃう」と鳴く。

&anchor(anime)

アニメ

アウトレイジの書と共に現れたクリーチャー。最初から普通に喋れる漫画版に対し、第1話から第3話の間は「カツ」「ドン」しか話せなかったが、第4話のラストからは普通に喋るようになった。

しょっちゅう勝太のカレーパンを勝手に食べて喧嘩をするが、ピンチの際には必ず彼の元へ駆けつけ、カードとなってそのゲームのフィニッシャーとなる事も多い。

《爆裂右神ストロークス》《妖精左神パールジャム》G・リンクを使用したイズモの攻撃により、《百万超邪 クロスファイア》のように封印されてしまい、勝太に深い傷を残すも、ドロン・ゴーによってエグザイル・クリーチャー《武闘龍 カツドン》として復活した。

その後はさらなるドロン・ゴーで、他のチームエグザイルよりも一足早く《武闘将軍 カツキング》になり、勝太フィニッシャーとして活躍している。なお、カツキングの声優は正式にはクレジットされていないが、声質から考えると高木渉氏が兼任しているというのが有力である。

イズモとヨミの決着後、レイジクリスタルとオラクルジュエルが合体したオメガクライマックスが人間世界を崩壊させるパワーがありそれを防ぐ為に、クリーチャー世界に仲間たちと共に帰っていった。

  • 所謂「ジャイアニズム」の持ち主で、「ワイのものはワイのもの。お前のものもワイのもの」と勝太に言い放ったこともある。
  • CVが高木渉氏という事もあって、「ほなここでドロンさせていただきます」(「私はここで帰ります」という意味の死語)という古い言い回しをしたり、第30話ではアイキャッチの際に「ヒントはこれや!」と言うなど、わかる人にはわかるようなネタが多めである。
  • アイス「カリカリ君カレー味」(当然「ガリガリ君」のパロディ)を勝太が全て食べてしまった際にはチームエグザイル全員にストライキを命じる等、食べ物が絡むと輪にかけて頑固になる(その後和解している)。
  • 「デュエル・マスターズVS」では、勝太の通学鞄にカツドンのストラップが付いている。市販のものなのか、勝太が個人的に作ったものなのかは不明。
    • 漫画版より遅れて、第23話よりアニメ版でも「ハムカツ」が登場。CVはカツドンと同じく高木渉氏が担当している。
  • 「デュエル・マスターズVSRF」では、第1話で彼と思わしき影がボスカツに対して勝太を守るように指示しハムカツ団結成のきっかけになった(字幕でもその影の名前がカツドンであった)。漫画版の設定に変更されておりバサラとの決着後に勝太と再会、ハムカツ団結成の真実を語りその数日後勝太、るる、プリン、ドラゴン龍、名団のクリーチャー達とともにクリーチャーの星に旅立った。
    • その後、「VSRF」最終話で再登場。勝太と共に、カレーパンを求めてカレーパン座へ旅立つ。
  • 上記の通りメディアではハムカツ団との関係が強いが、DMR-23で収録された新規のカツドンはハムカツ団を種族に持つものの、本家超獣世界とDS世界と世界観が異なる為どのような関係を持っているのか不明であり、アニメでもV3とVSRFでのカツドンの設定が異なる為、謎が多い。

関連カード

関連キャラクター

参考


Last-modified: 2018-10-18 (木) 19:55:34