カブト()

漫画及びアニメ「デュエル・マスターズ(2017)」「デュエル・マスターズ!」に登場するキャラクター。一人称は「俺」。
担当声優は「炎神戦隊ゴーオンジャー」のオイルバンキ等を演じた武虎氏。

自然文明最強四天王「ガイアハザード」の一員。切札は《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》

全身緑色をした大男で相撲取りか歌舞伎役者のような振る舞いをしている。
トンボに何か「探し物」を探させている模様。16話でハニーQが「そしてあのお方も、必ずや見つけます」と言っていた存在と同一かどうかも含めて詳細は不明。
ジョーカーズなるものを使う子の存在をトンボから聞いている。
また、《キングダム・オウ禍武斗》真の力も扱えるらしい(カードを借りていたトンボは9つまでしか力を扱えなかった)

本気を出すと体の色が青色(紺色?)に変化しさらに背中から昆虫のような腕が2本増える。
ドロドロドロー時にドローを「怒呂(ドロー)」と叫ぶ。

アニメ

自然文明の森に火を放ってしまったボルツと真のデュエルに挑み、《キングダム・オウ禍武斗》破天九語や、ツインパクト《轟破天九十九語》を使いこなしボルツを圧倒。しかし相手の命を奪うことをせず、真のデュエルを終えた。

その後、《“轟轟轟”ブランド》を引き連れたボルツに再戦を挑まれるが、切札 ジョーの乱入により中断する。ジョーがドラゴンを持っていたことにより、敵と認識。真のデュエルによる決闘を申し付ける。結果敗北するものの、自身がボルツにしたことと同じように切札 ジョーが命を奪わなかったことに顔を微笑みながら去っていった。このデュエルでカブト鬼の頭の角が折れ、ジョーがその角を使い自然文明を持つジョーカーズを誕生させた。(ちなみにカブト鬼の角はしばらく折れたままであったが、少し後の話で気合で元の長さにまで伸ばした。)
ジョーに敗れた後も、彼が自然文明世界を荒らした事やドラゴンへ敵意を抱いていることは変わりないようで、切札 ジョーの言葉に耳を貸さずに「!」28話では彼を自然文明から追い出した。
ジョーとの戦いの後は他のガイアハザードと共に、文明の侵攻に対処している場面が多く見受けられる。

漫画

  • ドラゴンの復活をいち早く察知し、部下であるトンボを人間界へ派遣。《ジョット・ガン・ジョラゴン》とジョーの存在を知る。
    ジョーが自然文明の星に現れ成敗しようとした矢先に黒い星が乱入し、トンボを庇い中に吸い込まれる。内部に潜んでいたゼーロの存在と闇文明の陰謀を悟り、自然界を守るべくデュエマを挑む。

戦績

アニメ「デュエル・マスターズ!」

  • 通算成績:1勝1敗1中断
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    2話ボルツ勝利轟く無双の物語
    15話中断
    15-16話切札 ジョー敗北

主な使用カード

関連デッキ

参考


Last-modified: 2018-10-31 (水) 19:49:27