ガーディアン

デッキとしてのガーディアン→【ガーディアン】

DM-01から存在している、文明の主力種族
もともとはの天空都市を守護する存在であり、侵入者には己か相手が力尽きるまで攻撃を加える。艦隊を組んで地上への攻撃に参加することも多い。

非進化クリーチャーは、飛行機などに近い形状をしているものが多かったが、エピソード2以降は鳥や海洋生物などをモチーフにしたものが増えていった。進化クリーチャーは空母のような風貌である。命名ルールは「〜の守護者〜・〜」。進化すると「守護聖天〜・〜」。多種族の場合の冠詞は「護聖」。

蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ C 光文明 (1)
クリーチャー:ガーディアン 2000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

守護聖天ラルバ・ギア UC 光文明 (3)
進化クリーチャー:ガーディアン 5000
進化−自分のガーディアン1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべてタップする。

邪脚護聖ブレイガー UC 光/闇文明 (4)
クリーチャー:ガーディアン/ブレインジャッカー 3000
セイバー:全種族

守護者だけあってブロッカーがとても多く、ウィニーの充実度はトップクラス、序盤を支えることが容易なためにデッキの主力として扱いやすい。

1マナの《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》を筆頭に、軽量ブロッカーのラインナップは非常に豊富。無限ブロッカー《愛々の守護者チョップルン》や、pigで2体タップする《時空の守護者ジル・ワーカ》は定番である。

名前の通り、守りに関してはクリーチャー戦以外でも非常に有能。セイバーで仲間を守る《侵攻の守護者ガチャピンチ》《邪脚護聖ブレイガー》ランデスを妨害する《光波の守護者テルス・ルース》パンプアップ火力に対抗できる《曙の守護者パラ・オーレシス》などが存在。
単体で高い性能を持つ強力なカードもあり、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》など種族に関係なくデッキのサポートとして単独でこれらが積まれることもある。

他には呪文サルベージする《神託の守護者ミント・シュバール》《黙示聖者ファル・レーゼ》が存在するなど、かなり器用である。無色《墓地の守護者メガギョロン》文明を問わずに採用できる。
エピソード2では単色無色のものも登場。《白骨の守護者ホネンビー》墓地肥やしサルベージを同時にこなすのでかなり便利である。

当初は、光の主力種族のもう片方であるイニシエート攻撃的に動いていくのに対して、ガーディアンは守りを固めて制圧していく、というようなデザインがされていた。
ただし、カードプールが増加した現在では、ガーディアンでもアグレッシブに攻めていくことができる。
例えば、《束縛の守護者ユッパール》《守護聖天タース・ケルケルヨ》の登場で、タップキルコスト踏み倒しによる展開力を得ている。
また、ゼニスとの多種族クリーチャーである《「無情」の極 シャングリラ》《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》ガーディアン・コマンド・ドラゴン《族長の魂友 ワチャゴナ》のような大型が存在。それらをフィニッシャーにしたデッキも強力である。

  • エピソード2でフィーチャーされた種族の1つで、イラストのモチーフは水生生物となっている。
  • 「guardian」は「守護者・管理者」という意味。

ガーディアンに関連する効果を持つカード

ガーディアンを進化元とするカード

参考