ガードマン(能力)

ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)

DMR-05で登場したキーワード能力。またはこの能力を持つクリーチャーの総称。
デッキとしての種族→【ガードマン】

諸肌の桜吹雪(フキスサブ・ハナフブキ) VR 自然文明 (4)
進化クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 6000
進化−自分のビーストフォーク1体の上に置く。
ガードマン(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先を、自分の他のクリーチャーからこのクリーチャーに変更してもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーがタップされていて、相手のクリーチャーが攻撃する時、そのクリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。

相手が自分のクリーチャー攻撃してきたとき、ガードマンを使ってその攻撃目標を置き換えることができる。

ガードマン能力を使うには、

  1. 相手の自分のクリーチャーへの攻撃を阻止することを宣言してから、自分の「ガードマン」を持つクリーチャーをタップする
  2. その後、相手のクリーチャーの攻撃対象を「ガードマン」を持つクリーチャーに置き換える

ガードマン能力の使用はブロック同様、攻撃ではないので召喚酔い中でも使う事ができる。
ただし、既にタップされたクリーチャーはガードマン能力を使用できない。

文明自然文明のクリーチャーが主に持っている。この能力を持つカードの数こそ少ないが、ブロッカーが極端に少ないこれらの文明の防御手段として今後クリーチャーの基本的な能力の一つとなっていくだろう。

字面だけを見ると、ブロッカーから「プレイヤーへの攻撃を防ぐ能力」を除いた能力である。
一方、

といったデメリット能力を持つクリーチャーはブロッカーほど多くない。

また、当然ながらブロッカーではないため、ブロッカーを狙う低コスト除去の対象にならず、「ブロックされた時」の能力も発動させない。「ブロックされない」クリーチャーも止められる。

  • DMR-17から表記が変更され、現在のテキストとなった。
    • DMR-17以前のテキスト
      ガードマン(自分の他のクリーチャーが攻撃される時、このクリーチャーをタップしてもよい。そうした場合、攻撃クリーチャーはかわりにこのクリーチャーを攻撃する)
      文面だけを見ると置換効果のようだが、実際に置換するのは攻撃対象のみであり、その後は通常通りバトルが行われる。
      従って、《恐気の覚醒者ランブル・レクター》攻撃をガードマンで防いだとしても、そのガードマンは、のちのバトルを置換されて破壊される裁定となっていた。
      これは、単に「攻撃先を変更する」となっている現在のテキストでも同様の裁定である。
  • 除去の手段が豊富なブロッカーとは違い、現時点ではガードマンのみを狙った効果を持つメタカードは存在しない。もっとも、あったとしても《レッツ!鳥鍋パーティー》などの二の舞になる可能性が高いが。
    今後のカードプールの増加でガードマンが猛威を振るうような事があれば、何らかのメタが登場する可能性もあるかもしれない。
  • さらに革命編でも《獣軍隊 サイノス》が登場した。もっとも、ガードマンといまいち相性が噛み合っていないようにも見える侵略持ちではあるが(ガードマンデッキはビーストフォークが多くなるため、サイノス自体はガードマンデッキとの相性はいい)。
  • 新章デュエル・マスターズでは自然文明に超大型のガードマンが多数出現した。相手を攻撃できないのも多いが、対クリーチャー戦では見違える強さを発揮してくれるだろう。
    • マッハファイターの攻撃も受け止めることができる。これによって評価が少し上がった。メタカードができる日もそう遠くないのかもしれない。

関連カード

ガードマンに関する能力を持つカード

参考


Last-modified: 2018-10-08 (月) 02:29:32