ガイアール・コマンド・ドラゴン

月刊コロコロコミック2014年6月号付録で初登場した種族
ドラゴン・サーガ以降のドラゴンの花形である。

レッド・コマンド・ドラゴンに続いて登場したコマンド・ドラゴンで、レッド・コマンド・ドラゴンの元祖とも言える《ガイアール・カイザー》から「ガイアール」の名を受け継いでいる。
《熱血龍 タイラント・ダイラント》《撃英雄 ガイゲンスイ》フレーバーテキストによると、背景ストーリーでは《熱血星龍 ガイギンガ》の出現によってアーマード・ドラゴンレッド・コマンド・ドラゴンから変化した種族であると考えられる。他文明が新たなコマンド・ドラゴンに覚醒して襲撃を受けてから変化したということもあり、登場はコマンド・ドラゴンの中で最も遅かった。

ドラゴン・サーガ終了間際に火文明の新たなドラゴン種族としてメガ・コマンド・ドラゴンが登場してしまった為、ドラゴン・サーガ期でこの種族の活躍は終了と思われたが、ドラゴン・サーガ期の主人公《爆剣豪 グレンモルト》が引き続き登場している為辛うじて生き延びている。

命名ルールドラグハートマナ武装7持ちを除けば進化前は「熱血龍 〜」、進化後は「超熱血 〜」となる。
名前に戦いに関する単語を捩ったものが多い。一部には野球関連のものも存在する。

熱血龍 バトクロス・バトル P 火文明 (8)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 7000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このクリーチャーとそのクリーチャーをバトルさせる。
W・ブレイカー
相手のターン中にこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターンの終わりにこのクリーチャーを自分の山札の一番下に置く。

熱血星龍 ガイギンガ WVC 火文明 (7)
ドラグハート・クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 9000+
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが龍解した時、相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。
バトル中、このクリーチャーのパワーは+4000される。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。
龍解前⇒《銀河大剣 ガイハート》

超熱血 ギラギラ・ドガッツ SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 15000
進化V−自分のドラゴン2体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを2体まで破壊する。
T・ブレイカー

ヒューマノイド爆とともに強制バトル能力を主戦略に据える。また、スピードアタッカーを持つ、もしくは付与できるものが非常に多い。

外見は元になったレッド・コマンド・ドラゴンに近いが、サムライに似た鎧を纏ったものが多い。

  • 「ガイアール(Ganhar)」とは、ポルトガル語で「勝利」を意味する。『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』でも名前の由来について触れられている。
  • ドラゴン・サーガの終了後の現在では「グレンモルト」を象徴する種族となっているきらいがある。
  • 初期型のは【レッドゾーン】カードプールの都合上この種族を持ったクリーチャーを侵略元としており、通常クリーチャー、ドラグハート・クリーチャー、その他諸々のこの種族の付加手段など、様々な形でこの種族が【レッドゾーン】のサポートに貢献した傾向がある。このことから、革命軍側に付いたこの種族と侵略者側であるソニック・コマンドは背景ストーリー上では敵対しているにもかかわらず実際のゲームではシナジーを発揮するという皮肉な状況となっている。このことから、プレイヤーの中にはソニック・コマンドの出自がこの種族にあるのではないかと冗談を言う者が現われるほどである。

ガイアール・コマンド・ドラゴンに関連する効果を持つカード

ガイアール・コマンド・ドラゴンの進化

ガイアール・コマンド・ドラゴンの進化V

参考