ガイアハザード

双極篇における背景ストーリー、漫画およびアニメに登場する用語。
グランセクトの支配する自然文明の中でも、とりわけ最強と呼ばれる四人の昆虫戦士を指す。
地震や洪水といった自然の大災害すらも超えるパワーを持ち、一人ひとりの実力はデ・スザークサッヴァークに匹敵するという。

背景ストーリーにてガイアハザードとされるクリーチャーは、実際のカードはいずれもマスターカードであり、各々が固有のマスター能力を有する。
また、イラスト上にそれぞれ異なる紋章が存在する。同じ紋章を持つグランセクトは似通った特徴を持つ。

メンバー

カブト鬼《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》

「最も猛きガイアハザード」。マスター能力破天九語。紋章のモチーフは「カブトムシ」

かつて『闇の八王』の一人を破り、『闇の七王』にした実力者。
彼の九本の角にはそれぞれに物語が宿っており、その猛き一撃は天すらも破ると言われている。
ドラゴンを滅ぼす事を使命としている。
部下にトンボトテントがいる。
彼と同じ紋章を掲げるのは《ボントボルト》《トテントンタン》《ドルツヴァイ・アステリオ》《カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター》《ラ・トビ・トール/ケンドリック・ハーヴェスト》。いずれもパワーが高くマッハファイターを持っているクリーチャーが多い傾向にある。

ミノマル《最強虫 ナゾまる》)→ミノガミ(《始虹帝 ミノガミ》)

「最も優しきガイアハザード」。マスター能力ミノまじかる。紋章のモチーフは「ミノムシ」
自然文明の皆から愛されており、通った後には《ツクっちょ》が生える。
ガイアハザードにしては戦いが苦手なようで、カブト鬼でんでんはガイアハザードであることに疑問を抱いていた。
実は彼の怒りが自然文明大いなる存在を目覚めさせるトリガーとなる為、潜在能力を含めてガイアハザードの中で一番強い。

彼と同じ紋章を掲げるのは《ツクっちょ》《マツぽっくん》《マシュるん》。いずれも「カタカナ+ひらがな」の名前構成、非ツインパクト《最強虫 ナゾまる》本人を除き虫がモチーフでないなどの特徴で共通する。
ちなみにガイアハザードの中で、彼だけ成長後もツインパクトカードではない。ただし、成長途中のみツインパクトカードである。
文明からの帰還の際に一時的に覚醒したり、自身を赤ちゃんのようなものと表現したり、モチーフがミノムシであることから成長することが示唆されていた。

ミノガミに成長後はマスター能力無敵虹帝に、紋章も「ガ(ミノガ)」に変化した。
彼と同じ紋章を掲げるのは双極篇のラスボスを務める《天地命動 バラギアラ/天上天下輪廻独尊》を始めとする《天地命動 バラギアラ》サイクル。
また、紋章こそないが《バラギアラ》から生まれた『原始クリーチャー』も配下としている

でんでん《超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録》

「最も策士なカタツムリのガイアハザード」。マスター能力罠金乱舞。紋章のモチーフは「カタツムリ」
そのでんでん印のにハマったが最後、諦めるしかない。

彼と同じ紋章を掲げるのは《ファビュラ・スネイル/ゴルチョップ・トラップ》《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》《龍罠 エスカルデン/マクスカルゴ・トラップ》《カワモリデン/リーフストーム・トラップ》。いずれもツインパクトかつ呪文側がトラップの名を持ち、罠金乱舞とシナジーする。
また、双極篇で登場したトラップ呪文の多くに同じ紋章が見える。

ハニーQ《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》)

「最も誇り高きハチのガイアハザード」。マスター能力5.S.D.。紋章のモチーフは「ハチ」
「自然文明の女王」に忠誠を誓っている。
一見男性に見えるが実は女性
ミノマルがミノガミに成長すること、彼の怒りが大いなる存在を目覚めさせることを知っている。

彼女と同じ紋章を掲げるのは《オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」》《エイトビートルズ/R.C.4.》《ラルド・ワースピーダ/H.D.2.》《アークティック・ハッチャー》《S.Q.QX/5.S.U.》はおそらくマスター本人)。DMRP-07で登場したカード呪文側の名前が略文字と数の計3文字+コロン、マスターを除きラスト・バーストを持ち、マスター本人は呪文側の能力バトルゾーンに登場可能と、両側の連携能力を持つなどが特徴。


自然文明の象徴である、そして彼らの上に立つ「自然文明の女王」を守ることを使命としている。

  • 新章デュエル・マスターズの時点では「四人の騎士団長」あるいは「四天王」の名で、その存在は示唆されていた。だが《デデカブラ》が転んだ事により約束されていた到着が大幅に遅れ、結局のところ新章中に登場することはなかった。

参考