キズナ

大きく分けて2つの使われ方がされているキーワード能力

1つ目はDMRP-04裁で初登場した能力の事。

2つ目はキズナ、キズナプラスキズナコンプに共通するマーク及び、その能力の総称。ちなみに多色無色には存在しない。

以下に前者の概要について解説する。


キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)

バトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体の、キズナ能力を使うことが出来るcip能力である。

青守銀 シャイン UC 光文明 (3)
クリーチャー:メタリカ 2500
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−次の自分のターンのはじめまで、自分のクリーチャー1体に「ブロッカー」を与える。(「ブロッカー」を持つクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をそのクリーチャーに変更してもよい)

このキズナマークはキズナだけでなくキズナプラスキズナコンプにも同様のマークが使われているので、それらの中から自由に1つ選んで使う事が出来る。

ただし、能力を使う事は強制。バトルゾーンに他のキズナマークを持つクリーチャーがいない時にデメリットのあるキズナ能力持ちクリーチャーを出す時には注意が必要である。

また、S・トリガーなどで自分のキズナを持つクリーチャーが相手のターン中にバトルゾーンに出た時、相手の《早撃人形マグナム》などでキズナを使う前にそのクリーチャーバトルゾーンを離れてしまった場合、バトルゾーンに他のキズナマークを持つクリーチャーが1体もいなければキズナを発動させる事ができず不発となる。

  1. :自己強化系能力と火力が多い。特に《ラッシュ“ATK”ワイルド》はキズナコンプを二回も発動できるので強力だが、他がコストが高めだったり、扱いにくい能力だったりといった欠点がある。
  2. 自然:マナ加速などのお家芸が揃っている。文明の間柄もあって並べやすい方。中でもクリーチャーをバトルゾーンに出せる《マイト・アンティリティ》《バードリアント》が超強力。一度バトルゾーンに出せれば後続のキズナ能力で前述の2体の能力を選択することにより、爆発的な展開が見込める。ただ、両者を同居させるのは難しいのでどちらかに絞ろう。
  3. :すべてコスト5以下で最もバトルゾーンに出しやすい。《超越の使い 蒼転》の存在により、キズナコンプを狙うならピカイチ。一方で呪文に関係するものが多く、クリーチャーコントロールであるキズナとはアンチシナジーな点も。
  4. :コストが高めなものが多く、バトルゾーンに並べていくのには苦労する。キズナプラスはコスト4以下なのだが、能力発動のために結局クリーチャー数は減ってしまう。バウンス手札補充といったお家芸が揃っており、能力自体は有用。
  5. :クリーチャー破壊墓地利用の二極集中となっている。他は《凶鬼82号 スタフ》手札破壊のみ。直接的なアドバンテージを稼ぎやすく、使いやすいものが多い。

その他

参考