キャップ

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ(2018)」シリーズから登場するキャラクター。声優は市川太一氏が担当。

口癖は「天国行こうぜ」。スマホンと共に行動している。

行方をくらましていた文明のデュエル・マスター候補である。
超GRGRクリーチャーそしてオレガ・オーラを造り出し今までにない戦術を利用している。
親しい間柄の人物を「ブラザー」と称している。

漫画版・アニメ版共にゼーロジョーを含めた他の文明のデュエルマスター候補にそれぞれ接触して上述の新戦術を教えている。*1
だがその際、二人に見せている姿や態度が全然違っている。ジョーのそばにいる時には声が高めの陽気な兄貴分的な態度であり、ゼーロのそばにいる時は声が低めの落ち着いた策略家の様な態度を取っている。(ちなみにスペシャルドローのバンクまで違う)
そういった態度の違いからかナレーターの助からは二重人格を疑われていた。
ジョー側の時にはムートピアトリックス/ワンダフォースをメインにした水デッキを使用し、ゼーロ側の時にはトリックス/デリートロンをメインにしたオーラデッキを使用している。

  • また、谷口ハカセオレガ・オーラを使用した際に、オーラそのものは知っているが自身は知識として持っているだけ(=使用したことがない)の様なそぶりを見せた。
    その為キャップというキャラクターは「二重人格!?」というナレーションもあってか二人いるのではないかという推測もあった。

実は闇文明と接触している方のキャップはジョーと接している方のキャップの双子の兄にあたる存在。つまり、二重人格ではなくそもそも別人であった。(別人であるが故に先述のオーラに関しても説明がつく。)
共に水文明を救うために行動しているようだが…

一見陽気なジョー側のキャップも超GRGRクリーチャーを教えることでジョーキラボルツから何かしらのデータを集めているらしくその行動は謎に包まれている。

戦績

デュエル・マスターズ!!

  • 通算成績:3戦2勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    1話切札 ジョー敗北超GR・ビッグウェイブ
    7-8話金田一ハカセ勝利C.A.P.ガチャウェイブ!

主な使用カード

マナゾーンや墓地に置かれていたカード

関連パック

関連デッキ

参考


*1 ただし、ゼーロ以外のデュエルマスター候補にはオレガ・オーラのことは教えていない。