クリーチャー

大きく分けて二つの意味がある。

  1. カードタイプの一つ。数え方は原則「体」だが、左G・リンクなど「枚」として数えられる場合もある。(クリーチャーカード)
  2. バトルゾーンに存在する1枚以上のクリーチャーカードから構成されるオブジェクトのこと。数え方は「体」。(クリーチャーオブジェクト)

元々前者と後者に大した意味の違いはなかったが、2014年1月の《トンギヌスの槍》等の裁定変更に伴い、大きく意味が分離することとなった。

テキスト上は「バトルゾーン以外の場所のクリーチャー」を指す場合は前者、「バトルゾーンのクリーチャー」を指す場合は後者の意味で解釈する必要がある。

たとえば、《ヴォルグ・サンダー》《リトルアイズ・グロース》マナ進化墓地進化などの指す「クリーチャー」は前者である。
一方、破壊というキーワード処理や「バトルゾーンからクリーチャー離れる」という処理、通常の進化進化Vなどが指す「クリーチャー」は後者となる。

本項ではカードタイプとしてのクリーチャーを中心に解説する。


クリーチャー(カードタイプ)

相手に攻撃したり、相手からの攻撃ブロックするプレイヤーの手駒のような存在。

他にも様々な個別の能力を持っており、デュエルの主役を務める。唯一の生物タイプのカードタイプであり、デュエル・マスターズにおける花形である。

ボルシャック・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000+
W・ブレイカー
攻撃中、このクリーチャーのパワーは、自分墓地にあるカード1枚につき+1000される

クリーチャーは基本的にバトルゾーンに出して使用する。バトルゾーンに出したクリーチャーで攻撃ブロックを行うことでゲームを進めていくことができる。

クリーチャーをバトルゾーンに出すためには、「召喚」を行うのが一般的である。召喚するクリーチャーを手札から公開し、マナゾーンのカードをタップして所定のマナコストを払うことで召喚できる。

他には、何らかのコスト踏み倒しを利用することで、召喚の手順を踏むことなくクリーチャーを出すことも可能。詳細はそちらを参照のこと。

多くのクリーチャーは何らかの能力を持っており、戦局に何らかの影響を与えることができる。能力を持たないクリーチャーは「バニラ」と呼ばれる。

デュエルの主役は何と言ってもクリーチャーなので、クリーチャーの使い方がゲームの命運を左右すると言って差し支えない。種類は非常に豊富なので、自分の戦略に合ったものをうまく使いこなしたいところである。

ルール

派生形態

通常と異なるルールを持った特殊なクリーチャーも存在する。これらは大抵、「進化」などの特殊タイプによって判別されるが、中には特殊タイプを持たないが特殊な使い方になるクリーチャーもいる。

その他

  • 基本的に自分の手札からしか召喚できないが、例外も存在する。マナ爆誕等の能力を持つカードがそれにあたる。
  • 召喚ではなく「バトルゾーンに出す」ならば、手札以外から出す方法が多く存在する。「コスト踏み倒し」の項も参照。
  • 呪文と対比して「生物」と呼ばれることがあり、Wizards of the Coastの真木孝一郎氏も自身のTwitterでそのような表現の仕方をしている。
  • 初期のアニメでは叫び声等にはSEが使われており、そもそも台詞らしい台詞すらもなかったが、「クロス」以降は専用の声優が当てられ、普通に言葉を喋るという「キャラクター」としても扱われるクリーチャーも増えている。
  • アニメでは、使用頻度の高いカードや切り札など極一部のクリーチャーにはCGが用いられ、それ以外はカードイラストのままという扱いだった。その後『デュエルマスターズV3』では「チーム・エグザイル」等のクリーチャーがキャラクターと同じくプリレンダリングで描かれるようになる。さらに後の『デュエルマスターズVS』にて、切り札級クリーチャーはCGで、それ以外のクリーチャーの多くは手書きで表現されるようになり、クリーチャーの描写が増えることとなったため好評を得ている。

参考


Last-modified: 2018-11-20 (火) 21:17:43