クリエイター

DMC-57 「ザ・ゴッド・キングダム」で登場した種族
絶対数が少ないので断定はできないが、あるゴッドと何らかの繋がりのあるクリーチャー種族という傾向が強い。

命名ルールは不明。この種族を持つのは《サガ》系列の2体と《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》《超覚醒ゼウス》《世紀末ゼンアク》《第七神帝サハスラーラ》の6体。《ヘヴィ・デス・メタル》と《ゼンアク》の例から、非進化クリーチャーの冠詞は《世紀末》である可能性が高い。

進化クリーチャー《超覚醒ゼウス》《第七神帝サハスラーラ》のみで、前者はガンホーのゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」とのコラボカードな為、純粋なデュエマ世界のクリーチャーとしては《第七神帝サハスラーラ》のみである。

創造神サガ P 水/自然文明 (8)
クリーチャー:クリエイター 9000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の、名前に《ゼン》と《アク》とあるゴッド1体のリンクを外してもよい。そうした場合、自分の山札を見る。その中から《バイオレンス・ヘヴン》または《ゴッド・ブリンガー》または《ゴッド・サーガ》のいずれか1枚を選んでもよい。山札をシャッフルする。その後、その呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンに自分のゴッドがあれば、このクリーチャーはバトルゾーンを離れるかわりにとどまる。

超覚醒ゼウス P 光文明 (8)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/クリエイター 13500
進化―自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のシールドを2つブレイクする。
自分のシールドが5つ以上なら、自分の光のクリーチャーはバトルゾーンを離れない。

当初は該当していたのが《創造神サガ》《破壊神サガ》だけであったため、特定のゴッドと強くシナジーする種族であると思われていた。その時点ではシナジーしているゴッドゼン&アクのみ。
後に新たなクリエイターである《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》が登場。ヘヴィ・デス・メタルが1枚のカードになった形だが、ゴッド関連の能力は一切持っていない準バニラファッティである。
そのため、背景ストーリー的には、「テキストG・リンクを持たないゴッドが便宜的に与えられる種族」という設定ではないかと予想された。この予想は、《世紀末ゼンアク》《第七神帝サハスラーラ》の登場によっていよいよ真実味を帯びてきている。

《超覚醒ゼウス》については「パズル&ドラゴンズ」とのコラボカードであり、背景ストーリーゴッドとは無関係であるどころか、そもそもデュエマ世界のクリーチャーですらない(あちらの世界ではモンスターと呼ばれる)ので、これは例外であろう。

  • クリエイター(creator)は直訳すると創造者や創案者などの意味だが、「創造する者=神」という意味もある。

クリエイターの進化

参考