ゲンちゃん

アニメ「VSR」に登場するキャラクター
失態により三幹部をクビにした社長がFacefile(Facebookのパロディー)で知り合い、ゾンさんチューやんと同じく新三幹部に抜擢した人物。

緑色のスーツを着た巨漢な男。ドラミングをしたり後ろに石のハンマーを隠し持ってたりいかにも原始人っぽいが、名刺を渡したり敬語がしっかりしている礼儀正しいサラリーマンである。
だが、4以上の数字を理解できない難点がある。
一人称は「私(わたくし)」で、口癖は「バゴーン!」。
声は「ビクトリーV3」から多くのクリーチャーの声で出演した内野孝聡氏が担当。

  • アニメVSRでは41話でデュエ悪マ城と化したデュエマ城の第1ステージにて勝太達を待ち受けていた。本人曰く、「現代に生まれた原始人」で産まれたときから原始人の姿をしており、学生時代に周囲に馴染めず孤立していた時、ネットで社長に出会い「ゲンちゃん」のあだ名をつけてもらって以来、社長に友情を感じている。
  • なお、4以上の数字嫌いが災いしてデュエマ開始時の自分の手札シールドを2枚づつ捨ててそれぞれ3枚からスタートしてしまった。当然だが勝手にシールドなどを減らすのはルール違反である。彼自身は使わないが革命の存在もある。
    • もっとも、バサラ切札 勝太と初めてデュエマした時は自分のシールドを1枚残し残りをすべて捨てているので、アニメではハンディマッチとして受け入れられているようである。

戦績

アニメ「デュエルマスターズVSR」

  • 通算成績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    41話切札 勝太敗北原始のS級侵略者!

関連カード

参考


Last-modified: 2018-11-06 (火) 15:04:08