コスト軽減

カードプレイもしくは能力起動に支払うコストを軽減すること。また、そのような効果を生成する能力

コッコ・ルピア UC 火文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード 1000
自分のドラゴンの召喚コストを2少なくする。ただし、コストは2より少なくならない。

コストが下がる事で、重いカードなら一歩早く使えるようになり、低コストカードなら一ターンに使える数が増える。
マナブーストと同じく強力な効果である。

ただし、大抵は軽減する対象に条件があるほか、システムクリーチャーの場合は除去されると無駄になってしまうため、マナブーストに比べると安定感に欠ける。しかし、自然以外にも存在するためコスト軽減なら組み込みやすいデッキタイプも場合もあり、うまく使い分けていくことが肝心である。

+  コスト軽減の大まかな分類

ルール

コストが軽減される場合でも、カードが持つ文明ごとに最低1枚の文明コストを支払わなければならない。従って、2文明を持つカードの最低コストは2、3文明を持つカードの最低コストは3である。無色カードは文明を持たないため0が最低コストとなる。
必ずコストを減らさなくてはならないカードを使用する場合、多色カードコストが持っている文明の数より少なくなったら必要な文明の数だけマナを過剰に支払うことで召喚できる。

+  過去の裁定

コストの下限について

ほとんどのコスト軽減能力には「ただし、コストがXより少なくならない。」の表記がある。これはそのコスト軽減能力を適応させたクリーチャーの最低コストがXになることを意味し、いかなる場合でもXより少なくなることはない
例えば、上記の通り無色クリーチャーの最低コストは0となるが、《フェアリー・ギフト》を用いて召喚する場合、コストは0まで下がらない。《フェアリー・ギフト》の「ただし、コストは1より少なくならない。」の部分により、最低でもコスト1を支払わなければならない。

複数のコスト軽減能力を同時に扱う場合、下限は数値が大きいほうが優先される。例えば、バトルゾーンに自分の《コッコ・ルピア》《ルピア・ラピア》がいる場合、《コッコ・ルピア》の「コスト2より少なくならない」が優先され、ドラゴンコストは2までしか下がらない。

  • 2は1より大きいため、《ルピア・ラピア》の「ただし、コストは1より小さくならない。」も満たしていると解釈される。
  • 1まで下げた場合、《コッコ・ルピア》の「ただし、コストは2より少なくならない。能力を使用していないと解釈され、ルール違反となる。

カードによっては「ただし、コストX以下にならない。」「コストがX以下になることはない。」と表記されることもある。これらは「ただし、コストX+1より少なくならない。」と同じ意味であることには注意が必要。整数範囲での未満と以下の言葉の使い方を間違えないようにしたい。

《戦慄のプレリュード》等、無色カードコストを軽減するものにはコストの下限表記がないものも存在するが、実際に下がるのは0までであり、コストがマイナスになったりする事はない。

《先導の精霊ヨサコイ》等、複数種類のコスト軽減を行う場合、該当するクリーチャーは、当てはまる数に応じて軽減される。例えば《先導の精霊ヨサコイ》が1体バトルゾーンに出ている時に種族にアンノウンゼニスを持つ《「俺」の頂 ライオネル》を出す場合、合計2マナ分のコスト軽減が行われる。


その他

  • コスト踏み倒しと違って、メタカードが少ないのが利点。特に新章デュエル・マスターズに入ると、厄介な踏み倒しメタが増えたため、それらの回答になりうるだろう。

主なコスト軽減カード

参考


Last-modified: 2018-12-16 (日) 10:01:53