コスト()(たお)

プレイ起動などのマナコストの支払いが必要な処理をコストを支払わずに行うことの俗称。
主に以下のものを指す。

インフェルノ・サイン P(UC) 闇文明 (5)
呪文
S・トリガー
コスト7以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
爆竜兵ドラグストライク R 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴノイド 1000
このクリーチャーが破壊された時、ドラゴンを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。
邪眼皇ロマノフI世 SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇のコストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
パラダイス・アロマ C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 2000
G・ゼロ−バトルゾーンにサイバーロードが1体でもあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

S・トリガーG・ゼロS・バックニンジャ・ストライク侵略革命チェンジはコスト踏み倒しを許可する。

リアニメイトリクルートコスト踏み倒しの一種である。

《フォース・アゲイン》など、同じクリーチャーを出し入れする場合もコストを支払っていなければコスト踏み倒しである。

クリーチャーの場合は「タダ出し」とも呼ばれる。「特殊召喚」と呼ばれる事もあるが、ゲームでの「召喚」とは異なるので注意。

対義語として「手打ち」「生打ち」「素出し」などがある。

「コスト踏み倒しカード」「コスト踏み倒し能力を持ったカード」と言う場合、そのカード自身ではなく別のカードコスト踏み倒しができるカードをさす場合が多い。

ルール

コスト踏み倒しにはプレイを挟むものと挟まないものの2種類が存在する。
クリーチャーで言えば、「コストを支払わずに召喚する」「コストを支払わずにバトルゾーンに出す」の2つがある。

召喚」として出したか否かは、召喚に反応する能力を持ったカードが存在することから区別する必要がある。
ただし、呪文のみは例外で、「コストを支払わずに唱える」のみ存在する。

超次元呪文など、コストを支払ったカード効果によってクリーチャー(他各種カード)がバトルゾーンに出た場合もコスト踏み倒し(マナゾーンカードタップせずにバトルゾーンに出した)に該当する。呪文も同様。

代替コストによってマナコスト以外のコストを支払った場合でも、「コストを支払わずにプレイした」事になる(テキスト上の「コスト」はマナコストの意味であるため)。

ゲームにおいて

コスト踏み倒しは基本的に強力な効果の1つである。
S・トリガーニンジャ・ストライクなどの場合、0マナで何らかの行動を起こせるため、一方的にカード1枚分のアドバンテージを得ることができる。

《ヘブンズ・ゲート》《インフェルノ・サイン》など、一部のコスト踏み倒しカードは、そのカードよりも大きなマナコストカードを使用できる。マナブーストコスト軽減が強力なのは言わずもがなであり、重いカードを一歩早く使用することができる。

また、《魔龍バベルギヌス》のようなリアニメイト《蒼狼の始祖アマテラス》のようなリクルート《獰猛なる大地》のようなマナゾーンから出すものは、基本的に指定されたゾーンから好きなカードを選べるようになっている。

これは、指定された領域が全て手札になるようなものであり、極めて柔軟な動きが可能となる。

環境においては、この手法を使って、《無双竜機ボルバルザーク》《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を早いターンバトルゾーンに出すことを可能としたデッキが大会上位を占めた時期もあった。

アタックトリガーなど、複数回使える可能性のあるコスト踏み倒し能力は、当然ながら使えば使うほど多くのコストを節約することができる。

ループ戦略にとっても極めて重要な能力であり、数種類のカードを互いにコスト踏み倒しすることができれば1ターン中に無限ループを発生させることが可能。

強力であるため、《母なる大地》《母なる紋章》《インフェルノ・ゲート》など、プレミアム殿堂となったカードも存在する。また、調整版である《インフェルノ・サイン》殿堂入りとなっている。

相手クリーチャーをコスト踏み倒しする能力も存在する。除去とセット(交換)か、デメリットとしてついている場合が多い。
相手呪文を自分が唱える能力も、仕組みの都合上すべてコスト踏み倒しになっている。

新章デュエル・マスターズ環境以降環境レベルで使えるコスト踏み倒しメタが充実するようになってからは、踏み倒しクリーチャーによってcipアドバンテージを取ることや封印を外すことがそれまで以上に重要視されるようになった。特にドラグナーなどクリーチャーではないカードタイプカードcipで残せるタイプのクリーチャーはその点でコスト踏み倒しに適応するに至った。

対策

やはり、使われる前に《解体人形ジェニー》などでハンデスしてしまうのが手っ取り早い。ただし、捨てさせたカードリアニメイトされることもあるので、利敵行為になる場合もある。

メタカードには《百発人形マグナム》《早撃人形マグナム》《ウソと盗みのエンターテイナー》《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》侵略ZERO能力のカードなどがある。コスト踏み倒しによりそれらの能力が誘発するため、それらを出しておくことで封じることができる。

ただし、コスト踏み倒しのメタカードと一纏めに呼ばれるカード群でも、実際にはコスト踏み倒しを判定する条件がそれぞれ違い、したがって対策できるコスト踏み倒しの種類も異なってくるので注意。主なタイプは以下。
太字置換効果による除去。※は相手ターンのみ。

コスト踏み倒しを許可する能力一覧

代表的なコスト踏み倒しカード

殿堂入りしたコスト踏み倒しカード

参考


Last-modified: 2018-12-14 (金) 15:15:38