コスト論

カードデザインの基準となっていると考えられる、コストパワー、及びコスト対能力の関係性のこと。

まず基準となるのは、「バニラクリーチャーのパワー=コスト×1000」である。
ただし、1コストのクリーチャーは基準パワーが0であり(光文明のためパワーが+500されている《予言者クルト》を除けば何らかのデメリットを持っている)、6コストからは1マナごとにパワーが2000ずつ増えて6コスト・パワー7000が基準となる。(>6マナ以上優位の法則
また初期の頃は水と闇は基準よりパワーが1000小さいことが多かった。

聖拳編極神編でカードパワーのインフレ化が進み、基準よりパワーが500から1000程度大きいものも出てきている。

エピソード1以降からは高レアリティほどコスト論を逸脱したカードが、コモンアンコモン完全下位互換のカードが増えてきている。おそらく《アクア・マスター》に代表される「カスレア」を無くそうという意図があると思われる。

純粋にパワーの高いバニラは光文明を中心に見られ、それ以外はバニラと同じパワーで能力を持っているものが多く、パワーそのものはあまりインフレ化していないと言える。


能力別コスト論

コストを+1するかわりに、パワーを-1000することもある。
また、cipよりpigの方が能力を誘発させづらいので、pigはコストが-1されることが多い。

コスト-2(またはパワー+2000)

コスト-1(またはパワー+1000)

コスト0

コスト+1(またはパワー-1000)

コスト+2(またはパワー-2000)

コスト+3(またはパワー-3000)

その他


  • 多色カードはスペックが高めに設定されており、2色なら単色+1000、3色なら単色+2000が基準である。5色は数が少なく、コスト論が通用しないカードが多い。
  • コスト論が強さのすべてを表すわけではなく、《クリスタル・ランサー》などコスト論では適正値を上回っているわけではないのに強力なカードも多数存在する。
    ただし、そのようなカードはどこかで能力同士のシナジーが形成されている場合がほとんどであり、そこを見極めるのもプレイヤーの腕と言える。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 16:31:36