サイキック・クリーチャー

DM-36で登場した新タイプのクリーチャー

普通のクリーチャーとの相違点は、

  1. 表裏両面に異なるクリーチャーが印刷されている
  2. カード面にマナの数字が記載されていない
  3. 超次元ゾーン」から特殊な方法で場に出す
    の3つである。

覚醒前

時空の侍(サムライ)ボルメテウス・若武者・ドラゴン P 火文明 (7)
サイキック・クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 5000
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー3000以下のクリーチャー1体を破壊する。
覚醒−自分のターンのはじめに、相手のシールドが2枚以下であれば、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。

覚醒後

戦国の覚醒者メビウス・武者・ドラゴン P 火文明 (14)
サイキック・クリーチャー:アーマード・ドラゴン/サムライ 9000
このクリーチャーが攻撃する時、相手のパワー9000以下のクリーチャー1体を破壊する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)

最大の特徴は各カードの条件を満たすことによってカードの表裏が切り替わる(覚醒解除)点である。

普通のカードのような裏面が描かれていないため、デッキに入れることはできない。よって、覚醒編から新設された超次元ゾーンに用意しておくことになる。

カードのどちらかの面には(ゲーム開始時、サイキック・クリーチャーは山札には含めず、自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーン以外のゾーンに行った場合、そこに戻す)の文が書かれている。
対戦においてはゲーム開始時に山札には含めず、デッキ外領域である超次元ゾーン(サイキック・ゾーン)に置かれる。

サイキック・クリーチャーは対戦中、原則として超次元ゾーンバトルゾーンのどちらかにしか存在できない。破壊マナ送りバウンスシールド送りなどの除去を受けた場合、そのすべてにおいて、一旦指定された場所に置いてから超次元ゾーンへと移動することになる。

そのため、バウンスマナ送り確定除去となり、墓地回収で再利用する事は不可能である。よって、通常のクリーチャーに比べて除去に対する脆さが目立つ。

反面、1枚の超次元呪文で様々の種類のサイキック・クリーチャーを使い回したり、再び超次元呪文を唱えるだけでバトルゾーンに舞い戻ることができるのは大きな利点である。

呪文回収に長けたデッキの場合は、超次元呪文回収することで容易に再使用できるため、むしろマナシールドに埋められる心配が無くなることが強力なメリットとなりうる。

サイキック・クリーチャーは使いこなせば強力な戦力となるが、同時に弱点も併せ持つ。フィニッシャーを全てサイキックに任せるなど過度な依存は危険なので、あくまでデッキの補佐と考えて使うのが無難だろう。

サイキック・クリーチャーの種類についてはサイキック・クリーチャー一覧を参照。

サイキック・クリーチャーのルール

  • 1デッキ中の超次元ゾーンに最大8枚まで用意できる。それはデッキの40枚のカードとしてカウントされない。もちろん、1枚も使わなくてもよい。
    • よって、ゲームには40枚+0〜8枚のカードが使用できることになる。ただし、これもデッキの一部としてカウントするので、大会などのデッキ編集を禁じられている時には種類と枚数を変更することができない。
  • 《母なる紋章》等の、特定のゾーンに送りこむ呪文を使った場合、指定された場所に置かれた直後に割り込みで最優先に超次元ゾーンに置かれる。よって、指定された場に置かれたという結果はあっても、同カードの効果ですぐ再びバトルゾーンに出したり、マナゾーンの枚数として数えるなどといった事はできない。

ゲームにおいて

  • サイキック・クリーチャーに対するメタ能力は他のメタ能力と比べてコスト論的にかなり軽く計算されている。またクロスギアなど、他のカテゴリのメタ能力は場面が限定されやすいが故に腐りやすいものが多かったが、サイキック・クリーチャーに対するメタ能力を持つカードの場合、ほとんどが他の能力を付け合わせており、腐りにくいものが多い。
  • 採用するサイキック・クリーチャーを選ぶ際は、パワーが5000を超えているかどうかが一つの基準になる。これは《希望の親衛隊ファンク》1枚のパワー低下破壊できる最大値だからである。《ファンク》は採用率が高いので、軽量サイキックを使う際は要注意である。

その他

  • 「40枚のデッキのみでプレイする」というDMの基本デザインを破る特殊タイプである。とはいえ、カード束だけでプレイできることは変わらない上、従来通りサイキック・クリーチャー無しの40枚のデッキでデュエルする事ももちろん可能である。
  • サイキック・クリーチャーを呼び出す能力を持つカードはフレームに稲妻が描き加えられている。ただし、DMC-65版の《ショーブ・アイニー》だけには描かれていない。おそらくはミスだろう。
  • 元ネタはMagic:The Gatheringの反転カードだろうか。同じく条件を満たすことでより強力なクリーチャーとなる。一方、デッキ外から呼び出すところは遊戯王のエクストラデッキとも考えられる。
    • 後のMtgにも「イニストラード」で逆輸入されたが、こちらは普通のデッキに入れるために裏返すたびにスリーブから取り出すというとんでもないことになっている。(一応、手札にあるときなどは「チェックリストカード」で代用し、公開されている間だけ両面カードと入れ替えることもできる。)

参考


Last-modified: 2018-09-10 (月) 19:03:29