サイキック・スーパー・クリーチャー

指定のサイキック・セルを複数枚覚醒リンクさせて1体となるサイキック・クリーチャー

零戦(ゼロセン)ガイアール・ゲキドラゴン P 火文明 (14)
サイキック・スーパー・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 9000
自分のハンターがバトルに勝った時、相手は自身のシールドをひとつ選び、手札に加える。
このクリーチャーがタップされている間、相手の攻撃クリーチャーは可能であればこのクリーチャーを攻撃する。
W・ブレイカー
リンク解除(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
覚醒リンク前⇒《ゼロ・カイザー》(上)/《ガチンコ・ピッピー》(下)

バトルゾーンに決められたサイキック・クリーチャーを揃えることで、覚醒リンクしてサイキック・スーパー・クリーチャーになることができる。

基本的にオーバーキルであり、相手に覚醒リンクを妨害されることが多い。その分、どのサイキック・スーパー・クリーチャーも強力であり、ゲームの勝敗を決めかねないほどのカードパワーを持つ。

また、いくつかのサイキック・スーパー・クリーチャーはリンク解除という能力を持っており、除去を喰らってもリンク元のサイキック・クリーチャーバトルゾーンに残すことができる。

運用には少々骨が折れるが、使いこなして見せるだけの魅力はあると言える。本気で覚醒リンクを狙うならば、専用デッキを組んでやるといいだろう。

覚醒リンクリンク解除の処理は該当ページ参照。

ルール


サイキック・スーパー・クリーチャーを進化させた場合


その他

  • サイキック・スーパー・クリーチャーもサイキックコストを持っているが、便宜上設定されているだけであり、特に意味は無い。ただ、基本的に大きめの数値になっているので、《怨念集結》のようなコストを指定する除去は受けにくくなっている。

三枚のセルで構成されるサイキック・スーパー・クリーチャーの場合、真ん中が覚醒リンクを持っている。二枚の場合は下になるパーツが持っている。また、ビクトリーを持つクリーチャーは構成枚数にかかわらず一番上に配置され、裏のサイキック・セルビクトリーのマークが入っている。(《勝利のリュウセイ・カイザー》のみパーツとして一番下に配置されるが、やはり裏のサイキック・セルビクトリーのマークが入っている)

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 16:57:50