サイバー(種族)

種族に「サイバー」とあるカードのこと。

例えば、テキストに「バトルゾーンのサイバーを1体選び、持ち主の手札に戻す」とあった場合、サイバーロードサイバー・ウイルスを1体バウンスできるということである。

DM-31段階で、「サイバー」を参照するカードは《マーチング・スプライト》しか存在せず、ドラゴンのような運用はほぼ不可能であった。

また、ゲームオリジナルカードドラゴン種族であるサイバー・ドラゴンが存在していたにも関わらず、実際登場したドラゴンポセイディア・ドラゴンであったため、今後「サイバー」と付く種族及び効果が増える見込みは薄いと思われていた。

しかし、DM-32で新種族サイバー・コマンドが登場。さらに《エンペラー・キリコ》《エンペラー・ティナ》のように、進化元に「サイバー」を指定する進化クリーチャー神化編環境で活躍したことで、サイバーという言葉が一気に注目されるようになった。

強力なカードが多く、優秀なカテゴリーの1つである。

  • 長い間テキスト上では「種族に「サイバー」とある」という指定を受けていたが《サイバー・D・ゲーザ》からはドラゴン等と同じく「サイバー」で表記されるようになった。

「サイバー」を含む種族

サイバーに関連する能力を持つカード

サイバー指定の進化

参考


&anchor(deck)

サイバー(デッキ)

サイバーを主力にしたデッキタイプとしては主に2つのタイプがある。

特に有名なのが、神化編環境で活躍した【サイバー青単】である。
2マナサイバーロード《電磁封魔ロッキオ》《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》《電磁封魔ルチアーノ》から《パラダイス・アロマ》G・ゼロで展開し、《エンペラー・ティナ》《エンペラー・マリベル》進化させて殴っていく。

後に《パラダイス・アロマ》殿堂入りしたことで弱体化したが、エピソード2からは1マナサイバーロード《トロン》から《エンペラー・ベーシックーン》進化速攻することも可能となり、エピソード2までは非常に強力なデッキタイプとなっていた。

その他には《超電磁トワイライトΣ》コンセプトにした【トワイライトΣ】が有名である。
そちらはcip手札バトルゾーンのサイバーを入れ替える能力を持ち、《パラダイス・アロマ》G・ゼロ《サイバー・G・ホーガン》激流連鎖を利用して次々にサイバーを展開していく。

その他、サイバーロードを使ったデッキについては「【サイバーロード】」を参照。

参考


Last-modified: 2018-11-10 (土) 01:25:24