サイレントスキル

キーワード能力の一つ。
サイレントスキルを持つ自分のクリーチャータップ状態のまま自分のアンタップステップに入った時、アンタップするかわりに(→置換効果)何らかの効果をもたらす。

主なものに、《災厄秘宝ゲジラ》《粛清者リンダホフ》がある。

災厄秘宝ゲジラ VR 闇文明 (6)
クリーチャー:パンドラボックス 6000
W・ブレイカー
サイレントスキル(自分のターンのはじめに、このクリーチャーがタップされていたら、アンタップするかわりに次のSS能力を使ってもよい)
SS−このクリーチャーは、相手のシールドを2枚ブレイクする。

サイレントスキルを使用するには、そのターンより前に、

全体的に使いにくい能力であり、安定性、即効性など様々な面でタップ能力に劣るが、その分を考慮してか同能力のタップ能力クリーチャーに比べコストが1つ程軽い。

  • "Silent Skill"の頭文字をとってSSともいう。
  • デュエル・マスターズ総合ゲームルールには、以下の通り記述されている。

    プレイヤーはサイレントスキルを持つクリーチャーをアンタップさせないことを選んでもかまいません。これはサイレントスキル能力によってアンタップを置換したことになります。ただし、サイレントスキルの効果自体は発動条件とは独立しています。サイレントスキルの効果は起動した瞬間に待機状態となり、他のカードがアンタップした後に解決されます。

  • 2017年3月25日ルール改訂により「アンタップステップの後にターンの始めの能力を使う」というルールに変更される為、アンタップされた後にこの能力のチェックがされる事になり、このままでは「何らかの理由でアンタップできない、されない」という特殊な条件下でない限り、能力の解決自体が行われず不発に終わってしまうと思われがちだが、上記にある通りこの能力はルール改定前から「アンタップ後に解決される能力」として定められているため、問題なく効果を解決できる。むしろ、他のカードの「ターンの初め」に関わる効果がこの能力と同じタイミングで処理されることとなった、と捉えるべきだろう。

サイレントスキルを持つカード

光文明

水文明

闇文明

火文明

自然文明

多色

サイレントスキルに関する能力を持つカード

参考


Last-modified: 2018-10-17 (水) 19:34:08