サバイバー能力(のうりょく)

「このクリーチャーがバトルゾーンにいる間、自分の他のサバイバークリーチャーは、SV(サバイバーアイコン)以下の能力を得る。」意味する常在型能力の通称。種族のサバイバーと区別するためこう呼ばれる。

俗に「サバイヴ」とも呼ばれ、円形の図柄のアイコンで示される。このWikiでは、アイコンの代わりに「SV」で表す。

ブレイズザウルスα(アルファ) C 火文明 (2)
クリーチャー:ロック・ビースト[サバイバー] 1000
SV−パワーアタッカー+1000
サバイバー(このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の他のサバイバーも上のSV能力を得る)

このアイコンで示された能力は、自分の他のサバイバーと共有することができる。

サバイバーを増やすほど、共有する能力が増えていくことになる。

ルール

サバイバー種族を持つクリーチャーが必ずこの能力を持っているとは限らない。同じカード上にこの能力があり、かつアイコンが付いている能力のみが共有される。例えば、

進化サバイバー《プロメフィウスα》《究極男》《電磁星樹アマリンα》などはこの能力を持っていないが、他のサバイバーサバイバー能力を得ることはできる。

一度他のクリーチャーに付加された能力には、アイコンが付いていないと解釈する。そうでないと、一度クリーチャーに備わった能力がさらに共有され、《威嚇するスマッシュ・ホーンα》パワーが無限大になってしまうなどの事態が起こるからである。

サバイバー能力によって付与された能力の発生源は、共有先の個々のクリーチャーとなる。
例えば味方の《ロータス・ミントγ》)がいる状態で《ブレイズザウルスα》)を場に出し、《ロータス・ミントγ》から共有されたcip能力でクリーチャーを選ぶ際、《ディープ・パープルドラゴン》は選べるが、《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》は選べない。

その他

  • サバイバーアイコンは、バイオハザードを示す実在の記号と同じ物である(参考:Wikipedia-バイオハザード)。PC上に文字として表示させる事もできる(☣)が、機種依存文字であるため使用は推奨されない。

参考


Last-modified: 2018-11-26 (月) 20:11:26