シールド・プラス

自分の山札の上から1枚を自分のいずれかのシールドの下に置くことを総称する能力語DM-28で初登場した。
タイミングは主にcippigアタックトリガーの3つに分けられる。呪文では《魔弾プラス・ワン》がある。

ピュアランダース C 光文明 (3)
クリーチャー:シャイン・モンスター 2000
シールド・プラス―このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
魔弾プラス・ワン R 光文明 (2)
呪文:ナイト
KM−シールド・プラス−自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置く。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文のKM能力をもう一度使ってもよい)

この能力で重ねたシールドは、1枚のシールドとみなす。つまり、シールド1枚ブレイクで、元のシールドとその下に置いたシールドの両方が自分の手札に加わる。そのためS・トリガーがめくれる可能性が高くなる。両方S・トリガーだった場合、自分の好きな方からプレイできる。

シールド・プラスしても他のシールドがブレイクされたり、せっかくブレイクされても不発ではあまり意味が無く、ハンドアドバンテージを取るにしても相手にブレイクのタイミングを操作されてしまう。S・トリガーの少ない普通のデッキでは、単体で使っても効果が薄い。デッキ内のS・トリガーの比率を極端に高めるか、シールド・フォースでプラスしたシールドを選ぶなど何かと工夫が必要である。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 21:23:19