シールド焼却

シールドを直接墓地におくる効果の俗称。

漫画などにおいて「シールドを焼き尽くす」と表現されたことに由来している。

シールド焼却は《冥府の覇者ガジラビュート》cipなどの単発的効果によるものと、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》などのブレイク時の置換効果によるものがある。

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに持ち主の墓地に置く。
冥府の覇者ガジラビュート VR 闇文明 (6)
クリーチャー:デーモン・コマンド 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。(その「S・トリガー」は使えない)

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《「祝」の頂 ウェディング》などの置換効果によるシールド焼却は、シールドブレイクする際に適用され、ブレイクするシールド手札に加える代わりに墓地に送ってしまう。

相手は手札が増やせずS・トリガーS・バックも使えないため、シールドによる相手の逆転の機会はほとんど無くなると言っていい。そのため、通常のブレイクとは比較にならないアドバンテージを得ることができる。

ブレイク時に墓地送りにするタイプが《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の登場によって大きく取り上げられ、その後一部の大型クリーチャーも持つようになった。それらは例外なく強力なフィニッシャーとして使用されており、名前に「ボルメテウス」を冠することが多い。

ブレイク時以外のシールド焼却には、《冥府の覇者ガジラビュート》《偽りの星夜 ブラック・オブ・ライオネル》などのcip《インビンシブル・フォートレス》《超銀河弾 HELL》などの呪文がある。

置換効果による焼却と比べると、ブレイクという手間をかけなくてもいいので比較的扱いやすい。ただし《GF隊総大将 無敵ング》のような重いカードもあるので、一長一短と言える。

いずれにしても、相手のシールドを安全に処理できるのは言うまでもなく強力。コントロールを使う際には考慮に入れたい戦術である。


シールド焼却能力を持つ主なカード

置換効果

単発的効果


参考


Last-modified: 2018-07-10 (火) 08:07:25