シャッフル

カードの束を切り直すこと。ゲームを始める前には必ずデッキを切り直す。
また、ゲーム中に特定のゾーンのカードを切り混ぜることがある。

シャッフルは不正がないようにしっかりとカードが混ざるようにしなければならない。
対戦を始める前は必ず対戦相手の前で一度デッキのシャッフルを行い、その後相手にも軽くシャッフルしてもらうのがよい。そこまですれば、たとえ鬼回り的なトップデックであったり、大量のS・トリガーが埋まっていたとしても、不正を疑われる心配はない。
逆に言えば、それ拒むと積み込みによるイカサマ行為を疑われてもしょうがないので注意。

シャッフルの目的は順番を無作為にすることなので、無作為になっていれば誰がやってもよいし、どのような方法でもよい。持ち主以外がシャッフルするのは、「ケーキを切る人と選ぶ人」の原理と同じで、文句を言わせないようにするためである。
ちなみに、引きがもの凄くいいことも、悪いことも、きちんとシャッフルすれば確率上同等に起こりえる。

お互いのプレイヤーが気持ちよくゲームを行うためにも、適正なシャッフルが行われるべきである。

  • 基本的なマナーとして、相手のカードをシャッフルする時は、痛めないように丁寧にシャッフルするべきだろう。その際はテーブル上に2、3の山を作り、その後別の順番で積みなおすという方法をとればカードを傷つけることがない。
  • 山札シールドカードは何らかの能力を使わない限りシャッフルすることはできない。この2つのゾーンではカードの位置や順序がゲーム上の意味を持つためである。逆に、墓地マナゾーンカードは順番が関係ないので、対戦相手がいつでも確認できる状態ならばいくら混ぜようと自由である。
  • 日本で最も一般的な、カードを数枚とってそれを山札と混ぜていくシャッフルはヒンズーシャッフルという。他にTCGでよく使われる方法としてはカードを数箇所かに配り、できた束を軽くシャッフルするディールシャッフル、2〜3に分けたデッキを端から組み合わせて一つにするファローシャッフルなどがある。 
  • スリーブやカードプロテクターを二重三重に付けて使用する光景はもはや珍しくないが、あまりにも重ねる枚数が多いとデッキ全体が異常な厚さになり、非常にシャッフルしづらくなる。プレイヤーとしてはカードスリーブの摩耗をなるべく避けたいところであろうが、あまりにも度を超えるとマナー違反や嫌がらせと取られかねないので、注意が必要である。
  • 1種類のシャッフルだけでは容易に不正を行えてしまうため、少なくともゲーム開始時は複数種類のシャッフルを併用するのが望ましい。特に一般的なヒンズーシャッフルではデッキに2〜3枚の偏りが発生しやすく、「進化元進化クリーチャー」等続けて使用したい2枚を重ねた状態でヒンズーシャッフルだけを行うと、その2枚が簡単に揃って圧倒的有利不利を生みだしかねない。(カット時にディールシャッフルを行うのは時間がかかるため敬遠されやすいのも大きい)

参考


Last-modified: 2018-09-17 (月) 23:40:26