シャドーアート

シャドーアートとは、何枚ものイラストのパーツを重ね合わせることで立体的な絵を作る技法及びその作品のことであり、シャドーボックスとも呼ばれる。
ことTCGにおいては、数枚のカードイラストや枠を切り貼りすることで立体感を出したカードを指す。

素材として同一のカードを複数枚用意する関係上、コモンアンコモンなどの低レアリティカードが題材として選ばれやすい。逆に複数枚集める事が難しいスーパーレア以上や限定プロモーション・カードなどの高額カード、G・リンクしたゴッドサイキック・スーパー・クリーチャーなど必要パーツの多いカードは難易度が高い。

実物のカードを加工して二次創作するという性質上、人によっては嫌悪感を抱いたり、プロキシなどと同じく著作権(同一性保持権)に触れる可能性がある。
一方で、デュエマの公式アカウントやイラストレーターといった公式関係者がTwitterにアップロードされた個人の作品をリツイートして紹介したり、公認グランプリでは会場にシャドーアートの作品展示場を設けるなど、現状Wizards of the Coastタカラトミーはこれらの創作を黙認ないし推奨している傾向にある。

参考


Last-modified: 2018-08-11 (土) 22:15:56