ジェネレート

クロスギアカードバトルゾーンに出すために、現在あるゾーンから公開し、コストを支払うこと。

クリーチャーに対しての召喚呪文に対しての唱えるにあたる。

正規の手段は以下の通り

  1. 今あるゾーンからからジェネレートするクロスギアを公開する。(この時点で手札にもバトルゾーンにも墓地にもない。)
  2. 追加コストを持つ場合、どれを支払うか宣言する。
  3. コスト加重やコスト軽減がある場合、それらを適用する。
  4. 総コストを好きな順番で支払う。
  5. クロスギアをバトルゾーンに出す。

上記の手順の内、一部ないし全てを緩和する効果も存在する。例えば侍流ジェネレートを使えばマナコストなしでジェネレートできる。

クリーチャーコスト踏み倒しは「バトルゾーンに出す」よりも「コストを支払わずに召喚する」の方が多いが、クロスギアのコスト踏み倒しは「バトルゾーンに出す」より「コストを支払わずにジェネレートする」の方が多い。

単に「クロスギアをコストを支払わずにバトルゾーンに出す」とあり「ジェネレート」の表記がないものはジェネレートに含まれない。

S・トリガーX等のジェネレートにのみ関係する能力や、《巡霊者シリアス》のようにジェネレートにのみ反応する能力もあるので注意が必要。

  • 語源は「発生させる」「生成する」などの意味を持つgenerateだろう。

参考


Last-modified: 2018-07-08 (日) 15:39:57