ジャスティス・ウイング

DMR-12で初登場した種族
エンジェル・コマンドを思わせる姿をしているが、よく見ると目を隠した鎧を着た人型クリーチャーで男女どちらも存在する。
命名ルールは「○○の翼 〜」であり、〜にはワインや星座の名前を基調にしたものが入る。
その種族の名の通り翼を持ち、正義の象徴であるオーブを使って戦うようだ。正義を果たすとそのオーブは増えるらしい。のちにジャスティス・オーブとして登場する。

純白の翼 キグナシオン UC 光文明 (2)
クリーチャー:ジャスティス・ウイング 2000
ブロッカー
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
相手のターン中に、このクリーチャーが破壊された時、そのターン自分が手札に加えるシールドカードはすべて「S・トリガー」を得る。

エピソード3最終章で登場し、ドラゴン・サーガに入って以降着実に数を増やしている。

同じくエンジェル・コマンドに似た小型種族であるアーク・セラフィム同様、大量展開とタップ&デストロイを得意とする。

エンジェル・コマンド・ドラゴンとはドラゴン・サーガを通しての文明の主力であるコスト3以下のクリーチャーのサポート能力によって通じているところがあり、同サイクル種族と比べて種族サポートが非常に少ないのが寂しいところ。

  • 「ジャスティス・ウング」ではなく「ジャスティス・ウング」(大文字のイ)である。紛らわしいので気をつけよう。

ジャスティス・ウイングに関するカード

ジャスティス・ウイングの進化

参考


Last-modified: 2018-11-04 (日) 21:51:57