スプラッシュ・クイーン

DM-14から登場した文明種族
クラゲ等の水棲生物を模したような姿をしたクリーチャーで、優美な女性の外見をしている。
種族名を直訳すると「水しぶきの女王」。
名前の法則はカクテルの名前のアナグラムが多い(例外もある)。よく使われるのはトロピカルカクテルのようだ。
多色の場合、「麗姫」が冠詞となり、進化クリーチャーになると「〜・クイーン」となる。

ローザ・ロッサ C 水文明 (3)
クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 4000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。

アドミラル・クイーン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:スプラッシュ・クイーン 4000
進化−自分のスプラッシュ・クイーン1体の上に置く。
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−プレイヤーを一人選ぶ。そのプレイヤーは、自分自身のマナゾーンから好きなカードを2枚選び、手札に戻す。

種族の特徴としてはシステムクリーチャーが全体のかなりを占めるということがあげられる。
強力なタップ能力を持つクリーチャーも多いのだが、それらは総じてマナコストが高く、その割りにパワーが貧弱なので使いこなすのは難しい。
かつてのシー・ハッカーに近い位置に存在する種族といえるだろう。そちらと違ってホイルカードが多いのは強みか。

不死鳥編では《ファンタジー・ハート》のみ細々と生き残っていたが、極神編で大々的に復活を果たした。

進化クリーチャー《マーシャル・クイーン》が強力なため、この種族を持つウィニーS・トリガーが出るたび注目される。《クール・ビューティー》が最たる物だろう。

  • 『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』によると、「クラゲのような女神のような不思議な存在」とのこと。

関連カード

スプラッシュ・クイーンの進化

参考