スペシャルズ

DMRP-01で登場した特殊種族

大迷宮亀 ワンダー・タートル SR 光文明 (8)
クリーチャー:メタリカ/スペシャルズ 13000
T・ブレイカー
ラビリンス:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のシールドの数が相手より多ければ、次の自分のターンまで、自分のクリーチャーはバトルゾーンを離れない。
このクリーチャーがバトルに勝った時、自分の山札の上から4枚を見る。その中から光のコスト6以下の進化ではないクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で山札の一番下に置く。
相手のターンの終わりに、そのターン、クリーチャーが1体も攻撃していなければ、相手のクリーチャーをすべてタップする。

燃えるデット・ソード SR 無色[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:ジョーカーズ/スペシャルズ 12000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計4枚以上あれば、相手はバトルゾーン、マナゾーン、手札から自身のカードを1枚ずつ選び、好きな順序で山札の一番下に置く。その後、自分はカードを3枚引く。

コロコロコミックで読者公募されたクリーチャーイラストのカード化に際し、それらに与えられた種族

公募にて寄せられたものであるため、当然ながら文明はバラバラ、姿形もバラバラで共通性はほぼない。
それぞれが独創的な能力を持ち、また強力である。

各々がスペシャルズの他に持ち合わせた基本種族は、DMRP-01の新規6種族であり、それらの種族デッキとシナジーするものが多い。
特に顕著なのが《大迷宮亀 ワンダー・タートル》で、《星の導き 翔天》とは切っても切れない関係にあり、もはやメタリカの顔と言ってもよいだろう。

新主人公・切札 ジョーが自身でカードを生み出すというスタイルから生まれた企画であり、それ故に誕生した種族である。

  • イラストは全てプロのイラストレーターによって書き直されたもので、当選者の絵がそのままカードになったわけではない。ここは従来の公募企画と同じ。しかし新たな要素として、イラストレーターの名前のすぐ下に「Design」という形で当選者の名前が表記されている。子どもたちにとって羨ましい/嬉しいことだろう。
  • 双極篇時点までで13体中9体がアニメに登場しており、それなりに優遇されている。さらにそのうち一部はデュエル・ウォーリアとしてエピソードの主役に据えられる事もあり、《I am》などはカードだけでは再現されなかった設定も反映されている。
    • DMEX-03にて突如大量発生。アニメでスペシャルズが登場する比率は下がってしまうだろうが、これ程沢山作ったのは初。子供達の夢が叶いまくった事を評価すべきだろう。

参考


Last-modified: 2019-01-06 (日) 08:23:26