ゼーロ

漫画・アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」シリーズに登場するキャラクター

声は「BLEACH」の黒崎一護やデュエル・マスターズクロスにてV(バベル)役を演じていた森田成一氏が担当。

アニメ「デュエル・マスターズ」44話で初登場した。

名前の由来は文字通り「ゼロ」で黒羽で覆われたマントを纏った長身の青年。文明のデュエルマスター候補と称されるが目的は一切不明。物体をすり抜ける体など人間ではない模様で謎の存在である。一人称は「ゼーロ」。
魔導具無月の門を軸にした/の二色デッキを使用している。

ギニョールの語り口によると生まれたばかりの存在であるようで、闇の城に迷い込んだキラと出会った際にはほとんど言葉をしゃべることができず、デュエマのルールすら理解していないようであった。
闇執事ギニョールに導くままにキラとのデュエルに挑み、デュエルを進める内に片言ながら簡単な言葉を発し《卍 デ・スザーク 卍》無月の門のルールを完全に理解しキラに勝利するなど短期間で驚異的な学習能力を発揮する。

その異質な存在はキラに恐怖を与え、彼の誕生により遠く離れたジョニーにも胸騒ぎを与えるほど。

「デュエル・マスターズ!」でも引き続き登場。黒い流れ星を生み出し、それに触れて文明にやってきた自然文明のデュエリストを倒して力をつけていた。しかし、並のデュエリストとの戦いでは成長が得られないと判断したギニョールゲジスキーによって強力なデュエリストのトンボミノマルが送り込まれる。ガイアハザードの一人・ミノマルとの戦いの中で新たなマスター・ドルスザクカード《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》を生み出し、ミノマルに勝利した。
その後、闇卵を生み出しそれを自然文明で孵すようにゲジスキーに命ずるなど、最初期とは比べ物にならないくらい流暢に喋れるようになっている。

スペシャルドローのセリフ『グリ、ドゥ、ザン、ゼーロ』も最初期は高めの声であったが回が進むごとに低く、恐ろしい声になっていることから驚異的な成長を感じさせる。

自然文明侵攻撤退後に突然やってきた謎の戦術を使う水文明のデュエルマスター候補キャップ(後にギャップと名付けられる)と対峙。無月の門戦術で彼を追い詰めるものの、彼の切札《ア・ストラ・ゼーレ》にクリーチャーを全て手札に戻され結果初の敗北を喫する。しかし、彼の「ブラザーになりたい」との申し出があり命を落とすどころかオレガ・オーラを使うことができるようになった。

「デュエル・マスターズ!!」では切札 ジョーと初めて対決し勝利。《The ジョラゴン・ガンマスター》を強奪しようとするが、ジョラゴンの反撃を受けて一時的に消滅し、炎のような姿となって復活した。

  • 背景ストーリーやメディア作品において「新章デュエル・マスターズ」に決まった敵勢力や敵組織が存在しないせいもあって終盤に突然の登場という事もありファンを驚かせた。またゼーロのネタバレを防ぐ為か、DMRP-04魔のCMでは詳細が明らかにされず、コロコロコミックでも登場直前の2月号でようやく姿が明らかにされる等文字通り謎に包まれた存在になった。
  • 使用する切り札の《卍 デ・スザーク 卍》に卍が使われているが、担当声優の森田氏が主人公を演じる「BLEACH」の「卍解」で卍が使われており、そちらを連想したプレイヤーも多いのではないだろうか。狙ってのネーミングなのかは不明。また闇のオレガオーラの効果や名前に多用される「シン(罪)」も森田氏が初めて主人公を演じた「FF10」に関連深い言葉だがこちらも狙ってのネーミングなのかは不明。
  • 『デュエル・マスターズ(2017)』での使用デッキ名が「無月の魔風」と読めるが恐らく「無月の魔凰」の誤植と思われる。
  • 肉体を持たない故に真のデュエルでも基本的にダメージを受けないのだが、彼の『死の力』に相反する『生の力』を持つミノガミのみダメージを与えられる。成長したとはいえ初めて味わう痛みに彼は幼子のように泣きじゃくっていた。
    • 結果的に彼に生きることへの執着を与え、成長を促したとはいえ、死の力を持つ彼が死の恐怖を刻み込まれるとはなんとも皮肉な話ではある。

戦績

  • 通算成績:6戦3勝1敗2中断

デュエル・マスターズ(2017)

  • 通算成績:1戦1勝0敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    44話キラ勝利無月の魔風

デュエル・マスターズ!

デュエル・マスターズ!!

  • 通算成績:1戦1勝0敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    10-11話切札 ジョー勝利漆黒の大卍罪

主な使用カード

関連セット

参考