ゼウス

スペインで勝舞たちが出会った男。勝利と共に、修行に訪れた勝舞たちを自らの城に招き入れた。

かつてはデュエルマスター、ヤエサルを守るガルドであり「Z」の称号を持つ男だった。
しかし、のちにザキラとなる少年に敗北したことでガルドとしての地位を失う。

劇中では《浄化の精霊ウルス》《デーモン・ハンド》を使用していることが確認できる。

番外編では瀕死になった勝利を助けるため、黒城に協力を求めた。
デュエル中の描写から黒城の過去も多少は知っているようである。

  • 後にマジック:ザ・ギャザリング時代に登場したマスターと同一人物であることが判明した。
    マスターとしてはパッション戦の白凰の回想に登場している。

主な使用カード

参考